logo

ターボリナックスが、NECのCLUSTERPRO AWARD Best Solutionを受賞、IP-PBXの高可用システム導入が評価

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢野薫氏、以下NEC)主催のCLUSTERPRO FORUM 2007において、CLUSTERPRO AWARD Best Solutionを受賞したことを発表いたします。

ターボリナックスは、2000年10月よりNEC「CLUSTERPRO」のLinux版OEM対応(製品名Turbolinux ClusterHA)を開始し、高可用性を求められるミッションクリティカルなシステムにおいて多数の導入実績があります。
今回CLUSTERPRO AWARD Best Solutionを受賞したシステムは、ターボリナックスが開発・販売するIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk」を利用した、官公庁向けのCTIサーバーとして採用された事例となります。24時間365日の連続稼動を求められる本システムに対し、CLUSTERPROを組み合わせたソリューションを導入した実績に対してNECより高い評価を受けたことによるものです。

「InfiniTalk」は、オープンなIPテレフォニープロトコルであるSIPに準拠し、オープンソースPBXである「Asterisk」をベースとしたIP-PBXソフトウェアです。NTTひかり電話ビジネスタイプ、MEDiA IP PHONEへの正式対応や、独自のWeb管理コンソールによる容易な運用と、ソフトウェアベースならではの高い拡張性により、非常に多くの引き合いをいただいています。

業務に欠かせないIPテレフォニーシステムの導入に際し、高可用性を求められる案件が増加しています。
ターボリナックスでは、これまで8年間培ってきたミッションクリティカル分野への数多くのシステム販売実績および構築ノウハウの蓄積を活かし、今後もNEC「CLUSTERPRO」高可用性クラスタソリューションを、IPテレフォニーのみならず、さまざまな分野において展開していきます。

■ 日本電気株式会社 コンピュータソフトウェア事業本部長 山元 正人氏 コメント

CLUSTERPRO AWARD Best Solution受賞、誠におめでとうございます。ターボリナックス様では既にデータベースシステム、インターネットサーバ システムにおいて、多くのCLUSTERPRO導入実績をお持ちの中、新たなシステムとして昨今大きな注目を集めているIP-PBXという分野でもいち早くCLUSTERPROを活用し、24時間稼働し続けるIP-PBXシステムの確立、導入を推し進められております。本AWARDはそれを賞して授与させていただいたものとなります。
今後とも、CLUSTERPROに関する多くの経験とノウハウを活用され、斬新であることのみならず、引き続き、お客様にとって有為なソリューションを提供されることを期待しております。


※クラスタソフトとは、複数のサーバーを相互に接続し、1台が停止してもサービスを継続可能とするための高可用性を実現し、また接続するサーバーの台数を増やすことで容易にシステムの信頼性・拡張性を高められるクラスタシステムを構築するミドルウェア製品です。

Linux はLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。 CLUSTERPROは、日本電気株式会社の登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。