logo

NHN Japan、仮想都市型コミュニティサービス『Link Link Town』を開始

~「つながり」によって拡張するバーチャルタウンの実現~

NHN Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:千 良鉉、以下NHN Japan)は、同社が運営するインターネットゲームポータルサイト「Hangame(ハンゲーム)」にて提供中のサービス『アバターワールド』を全面リニューアルし、2006年4月26日より新サービスとして『Link Link Town(リンクリンクタウン)』(リンク)を開始致します(※1)。

NHN Japanは、仮想空間での擬似生活を楽しむサービスとして、『アバターワールド』を2005年8月31日に開設。『アバターワールド』では、インターネット上に設けられた街(タウン)に、住居(マイホーム)を所有してインテリアを楽しんだり、伝言板を用いたコミュニケーションを楽しむことができました。

NHN Japanは、『アバターワールド』で目指していた「インターネットの中にある仮想の居住空間」という概念をさらに進め、“家に住む”から“街で暮らす”へとサービスを進化させて、タウンに暮らす人間同士のつながりを実現するための新しいプラットフォームとして『Link Link Town』を開発致しました。

『Link Link Town』開始時には、タウンやマイホーム外観の大幅なデザイン改修、ユーザー自身を投影するキャラクターがタウン内を歩くといった動的表現の追加を実施しています。また、他のユーザーのタウンとリンクする(つながる)ことにより行動範囲を広げられる等、ユーザー間の交流を活性化する為の機能を追加致しております。また、将来的には、タウン内にいるユーザー同士でおしゃべりができるチャットシステム、マイホームの周辺を飾ることのできるタウンアイテム、タウンでの活動に応じてポイントがたまるマイホームポイントシステムや、住人たちのポイント数に応じてタウン全体が発展するタウンレベルシステム等、タウンでの生活を楽しむための機能改善を随時実施していく予定です。

尚、『Link Link Town』開始に伴い、『ハンゲームブログ』を開設し、両サービス間の連動を図ります。
ユーザーが『ハンゲームブログ』で書いた日記の内容は、新着投稿から順に『Link Link Town』トップページに表示されるほか、ユーザー個人のマイホームに友達の新着ブログが表示されるので、コミュニケーションの幇助としての役割が期待されます(※2,3)。

NHN Japanは、インターネットを通じて、一人ひとりの関係性を広げ深める「コミュニティ」づくり、コミュニティのクォリティを高め付加価値を提供する「モノ」づくり、及びそれらを安全且つ快適に提供する「デリバリー」を理念に掲げ、事業展開を行っています。
NHN Japanは、これら理念の下に、今後もユーザー同士のコミュニケーションを豊かに発展させるための様々な提案をして参ります。



※1 『アバターワールド』内のマイホームで所有していたマイホームアイテムは、『Link Link Town』内のマイホームに引き継がれ、そのまま継続してご利用いただけます。また『アバターワールド』において同一エリア・ブロックに住んでいたユーザーは、『Link Link Town』でも同じタウンに引っ越していただけます(住所表記は新しいものになります)。
※2 『ハンゲームブログ』とは、これまで各ユーザーのプロフィール内の付帯機能であった「日記」機能がリニューアルすることにより、同じく4月26日よりスタートしたブログサービスです。過去に書かれた日記の内容も、そのまま『ハンゲームブログ』に引き継がれています。
※3 『Link Link Town』『ハンゲームブログ』はログイン前でも閲覧できるので、ハンゲーム会員登録をしていない友達にも、自分の住むマイホームやブログを見せることが出来ます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事