お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows Mobile 5.0 に対応した入力支援ソフト 「iuTAP (アイユータップ)」の新発売について

スマートフォン(ウィルコム W-ZERO3等) を楽しくするソフト

---------------------------------------------------
ニュースリリ―ス
---------------------------------------------------

2006年1月31日

Windows Mobile 5.0 に対応した入力支援ソフト 「iuTAP (アイユータップ)」の新発売について

 スモールネットワーク株式会社(千葉県 代表取締役 堀江健一)は2006年1月30日より、携帯機器向けOSである Windows Mobile 5.0 に対応し、携帯電話とのメール送受時の利便性を向上させる入力支援ソフト 「iuTAP for Mobile PPC」(税込み2,730円)を販売することを発表いたします。

Windows Mobile 5.0 はウィルコム W-ZERO3 などスマートフォンにも対応したOSで、今後大きな展開が予想されますが、メール文などの入力環境がパソコンや携帯電話に劣り、また無味乾燥で顔文字や携帯電話絵文字などもないメール文になりがちでした。

弊社の開発した「iuTAP」は、打つ文字を選択したり、キー配列を工夫しただけのような他のキーボードとは根本的に異なり、ローマ字データベースを内部にもち、ユーザーの打ったキーの順番をローマ字データベースと照合し、これに例外処理を通し、ユーザーが打とうとしているローマ字をたった12のキーで再現する頭脳をもった「考えるキーボード」とも言えるものです。ローマ字の基本、清音、拗音、外来発音を、12キーで選択操作をせずに、ローマ字どおりに入力ができる、たった一つの技術です。

これにより一つ一つのキーのサイズを大きくでき、視認性がよく、操作しやすく、携帯電話のようなテンキー(12キー)であっても、パソコンで親しんだ、選択操作のないローマ字どおりの入力が可能になります。ウィルコム W-ZERO3 においてはハードキーボードを超える操作も可能です。

これらの 「iuTAP」の特徴を生かし、「iuTAP for Mobile PPC」では、新たに携帯電話のように片手だけで軽快に入力できる、片手モードへの切り替え機能も搭載しました。

更に今回発売する 「iuTAP for Mobile PPC」は、NTTドコモと au 携帯電話絵文字の入力機能と、顔文字制作専用パネルをWindows モバイル端末(Windows CE)で初めて搭載しました。特に顔文字制作はタッチパネルと愛称がよく、キーボードでは達し得ない軽快な顔文字作りができるため、ウィルコム W-ZERO3のようなスマートフォンをより楽しい端末に変えていきます。

【追加情報】

今回の「iuTAP for Mobile PPC」の新発売を記念して、特にシニア向け通販商品として高い評価をいただいているWindowsパソコン用ハードウェアキーボード「iuTAP & テンキーボード」を2月28日まで、通常通販価格9,030円 のところを記念価格として 5,980円で、期間限定販売いたします。

「iuTAP」はPDA向けとして既に販売され、多くのシェアウェアやフリーソフトのあるPDA向けの入力支援ソフト中No.1の販売数を達成した、PDAで鍛え抜かれた製品です。「iuTAP」は携帯電話市場には初参入になります。

携帯電話(NTTドコモ、 au)絵文字入力と顔文字制作機能はフリーで使用できます。


【リンク先】

NHK科学情報番組 サイエンスZERO (2005年10月) で紹介されました。
リンク

弊社ホームページ
リンク

iuTAP入力動画サンプル
リンク

ダウンロードと説明先
リンク

お問い合わせ先 : スモールネットワーク株式会社 E-mail: info@smallnetwork.co.jp
住所 : 千葉県茂原市早野3034
電話番号 : 0475(26)1434 (代)

このプレスリリースの付帯情報

スマートフォンのメール支援

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。