logo

企業経理の高度なニーズに応える財務会計ソフト「JDL IBEX財務X」新発売!

企業の経営課題を解決し、未来が展望できる高度な会計処理を実現

株式会社日本デジタル研究所(略称:JDL)は、平成18年1月16日、企業経理の高度なニーズに応える財務会計ソフト『JDL IBEX財務X』(標準価格:290,000円)を発表。同日、販売を開始いたします。

 株式会社日本デジタル研究所(略称:JDL)は、平成18年1月16日、企業経理の高度なニーズに応える財務会計ソフト『JDL IBEX財務X』(標準価格:290,000円)を発表。同日、販売を開始いたします。
 「ネット会計」に対応し、新たにRDB(リレーショナル・データベース)を備えた『JDL IBEX財務X』は、インターネットを通じた本社と支社、顧問会計事務所の連携した会計処理と、様々な経営データを自在に組み合わせたオリジナル資料のスムーズな作成を実現。経営課題を解決し、事業発展の道筋を見つける高度な会計処理を実現します。『JDL IBEX財務X』は、弊社ショッピングサイト「JDL Webショップ」および、全国の弊社ユーザー会計事務所にてお買い求めいただけます。

 弊社JDLは、財務のプロである会計事務所や企業会計の実務を支援するコンピュータシステムの開発・提供に特化し、ユーザーの事業発展をサポートして参りました。
 企業会計は、決算・申告のための処理に主体が置かれておりますが、企業会計にはもう一つ、様々な経営データを詳細に検証することで経営課題を浮き彫りにし、課題解決の対策を見つけ事業の発展につなげるという重要な役目があります。しかしながら、企業の経営課題はそれぞれ異なり、自社固有の状況を的確に検証するには、定型帳表に加え、経営課題を分析するオリジナルな経営資料などの作成が不可欠となります。新製品『JDL IBEX財務X』は、こうした高度な企業会計ニーズをサポートすべく開発された財務会計ソフトであり、経理エキスパートの実務思考・手順に則したシステム展開など、JDLが30有余年にわたり、会計事務所の実務で培ってきた会計処理のノウハウを余すところなくPC環境に継承しています。
 新たにRDB(リレーショナル・データベース)を備えた『JDL IBEX財務X』は、JDLアプリケーションで作成した財務・税務データだけでなく、様々な経営データをMicrosoft® Excelなどのツールに直接展開することができ、企業の基幹システムなどとのデータ互換にも対応していますので、経理エキスパートとしての知識や経験を駆使して様々な経営データを組み合わせ、経営課題を検証する作業、事業発展の道筋を見出すオリジナルの経営資料の作成などがスムーズに行えます。
 また、電子メールを活用して会計データが手軽に送受信できる「インターネット会計」機能の搭載により、企業の本社と支社、顧問会計事務所を包括するシステムを構築し、インターネットを介して支社による日々の会計処理から本社でのデータチェック、顧問会計事務所でのデータ監査をタイムリーに連携して行う「ネット会計」を実現。高度な会計処理に取り組むためのベースとなる高効率な業務環境を創造すると共に、顧問会計事務所のサポートがタイムリーに受けられる環境を実現します。
 加えて、『JDL IBEX財務X』は、関連製品を多彩にラインナップ。税効果会計や時価会計などの国際会計基準に基づく処理に加え、キャッシュ・フロー計算書*や企業グループの連結決算処理による連結財務諸表の作成*、決算・申告処理*、給与計算*、年末調整*、販売管理*などのビジネス管理に至るまで、企業の経営中枢に発生する実務を幅広くサポートすると共に、税制改正などにも迅速に対応いたしますので、これからの企業会計の実務に安心してご利用いただくことができます。
 弊社JDLは、こうした独創的な製品の開発・提供を通じて、企業のさらなる発展をサポートして参ります。

※会計事務所におけるサポート内容については、顧問会計事務所に直接ご確認ください。
※「インターネット会計」のご利用には、データ送受信を行う双方に、インターネット会計対応
 のシステムが必要となります。また、Outlook Express 6以外のメールソフトでは、ご利用
 できません。
※Microsoft®は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標また
 は商標です。
※表示価格には、消費税等は含まれておりません。
*は、オプションです。
◆JDL IBEX財務X 製品情報ホームページ・・・ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事