お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ポイントセック、「RSA Secured Partnerプログラム」認証を取得

RSAセキュリティ社とのパートナーシップを通じ、 より強力なPCのアクセスコントロールを提供

※ 本資料は、2006年5月8日にスウェーデン ポイントセック・モバイル・
テクノロジー社より発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2006年5月8日、スウェーデン・ストックホルム発表】
スウェーデンのセキュリティソフトウェア大手Pointsec Mobile Technologies(ポ
イントセック・モバイル・テクノロジー、以下、ポイントセック)社は、米セキュリ
ティプロバイダーRSA Security(RSAセキュリティ)社の「RSA Secured Partner
Program」(RSAセキュアード パートナー プログラム)におけるパートナー認定
を取得したことを発表しました。

このパートナープログラムへの参加によって、ポイントセック社のPC暗号化ソ
リューション「Pointsec for PC」は、RSA Security社のスマートカード機能を持
つ2要素ユーザ認証ソリューションであるRSA SecurIDトークン製品にすべて
対応します。USB対応の「RSA SecurID 800」や「RSA Smart Card」製品を含
む「RSA SecurID」技術を「Pointsec for PC」に統合し、顧客企業に対し、
包括的なモバイルセキュリティ・ソリューションを提供します。

ポイントセックのCEOピーター・ラーソン(Peter Larsson)は、次のように述べて
います。「厳格な認証技術の組合せにより、企業はコンプライアンス(法令遵守)
や実務上における機密情報の漏洩防止に係るコストとリスクを軽減できます。
RSA Security社をパートナーに選んだのは、同社が業界をリードするIDおよび
アクセス管理技術を持っているからです。今後、顧客企業に対しさらなるメリット
が提供できるような共同プロジェクトの実現などにも期待しています」

RSA Security社の「SecurID」製品は、世界中で最も広く使われている2要素
ユーザ認証ソリューションです。2要素ユーザ認証とは、例えば銀行のATM に
おける暗証番号とキャッシュカードのように、利用者に固有な2つの要素を用い
て行うユーザ認証のことです。ユーザはパスワードまたはPINコード(暗証番号)
といった情報と、キータイプの「RSA SecurID」認証トークンなどの2要素によって
IDを証明しない限り、情報にアクセスすることができません。「RSA SecurID」
認証トークンは、パスワード入力と同様の簡単操作で、セキュリティの大幅な
強化を実現します。

RSA Security社のパートナー開発担当ディレクターであるスチュアート・コーエン
(Stuart Cohen)氏は次のように述べています。「ビジネス世界の進化に伴い、
IDとデジタル資産を守るための効果的な戦略は、組織の成長と成功に欠かせ
ないものになりました。企業は、社内外において自社の重要な情報やアプリケー
ションが常に安全であることを意識していなくてはなりません。ポイントセック社
との技術提携は、エンドユーザに価値あるソリューションを提供してくれるでしょ
う。
今回の協業によって双方のお客様に強力なセキュリティを提供できることを嬉し
く思います」

ポイントセックの暗号化ソフトウェアは、ノートPCやデスクトップPCのハードディ
スク全体をリアルタイムで暗号化し、認証されたユーザのみがアクセスできる
ようにします。ディスクを丸ごと暗号化することにより、OSや機密のシステム
ファイルを保護し、あらゆるセキュリティ上の弱点を克服します。ポイントセック
の画期的なアクセス制限の基盤である多要素認証エンジンは、トークンや
スマートカードといった2つめの認証要素の追加と管理を容易にし、よりコストを
抑えたスムーズなPC・モバイル機器のセキュリティ導入を実現します。


<RSA Secured Partnerプログラムについて>
「RSA Secured Partner Program」(RSA セキュアード パートナー プログラム)
は、セキュリティ業界では最も歴史が長く、規模が大きいアライアンスプログラ
ムの1つです。同パートナープログラムは、12年以上にわたる実績があり、相
互に補完し合う数百のソリューションがプログラム認定を受けています。
このプログラムに参加することにより、企業は自社の製品とRSASecurID、
RSA SecurID for Microsoft Windows、RSA ClearTrust、RSA Sign-On Manager、
RSA Certificate Manager、RSA Federated Identity Managerとの互換性を顧客
にアピールすることができます。この互換性によって、顧客はより迅速な製品の
実装と導入コストの削減が可能になります。RSA Secured Partner Programへ
の参加を通して、企業は、RSAのセキュリティ認証とアクセス管理技術を利用
している顧客に対し、標準ベースの互換性と両ベンダーからのサポートの提供
を実現します。詳細については、www.rsasecurity.comをご覧ください。


<Pointsec Mobile Technologies社について>
ポイントセックの暗号化ソリューション「Pointsec」は、グローバルマーケットでの
顧客数の多さ、業界最高レベルの認証システム、PC、PDA、携帯電話、リムー
バブルメディアなどあらゆる機器をカバーする充実した製品ラインアップなどに
よりモバイル機器のセキュリティにおけるデ・ファクト・スタンダードとなっていま
す。
「Pointsec」は、企業の機密情報を保護する上で最も脆弱な場所であるモバイル
機器において確かなセキュリティを保証するために、データの自動暗号化という
信頼性の高いソリューションを提供します。ノートPC、PDA、スマートフォンや
リムーバブルメディアに記録される機密情報を安全に保管することにより、企業
や政府機関は、自らのブランドイメージを保持、向上できるだけではなく、情報
漏えいのリスクを最小限に抑え、機密情報や情報資産を保護し、顧客や株主
からの信頼を高めることができます。
Pointsec Mobile Technologies ABはスウェーデンのストックホルム株式市場で
上場しているProtect Data(プロテクトデータ)社の100%子会社として1988年に
設立されました。「Pointsec」の顧客には世界中の一流企業や政府機関が含ま
れています。2005年6月に日本法人を設立し、現在、米国に2箇所、ヨーロッパ
に9箇所、アジア・パシフィック地域に2箇所のオフィスを持ち、また、中東の
ドバイにもオフィスを構えています。URL:リンク


【日本法人ポイントセック株式会社 会社概要】
会社名: ポイントセック株式会社(英文名 Pointsec K.K.)
所在地: 東京都港区六本木一丁目10-3-901 スウェーデン大使館ビル内
Tel: 03-3560-3177(代表)
設立: 2005年6月
資本金: 1000万円
株主: Pointsec Mobile Technologies AB(スウェーデン・ストックホルム) 100%
代表者: 代表取締役社長 石井 元(Ishii Hajime)


<「Pointsec」製品について>
「Pointsec」のマルチ・プラットフォーム・ソリューションは、今日のモバイル社会
において、企業が情報漏えいの脅威にさらされることなくその利点を最大限に
活用することができるセキュリティ環境を提供します。オフィス、家庭、屋外で、
情報はいつでも「Pointsec」により完全に保護されます。
日本ではクライアントPC情報漏えい防止ソフト「Pointsec for PC」、リムーバブル
メディア情報漏えい防止ソフト「Pointsec Media Encryption」およびポケットPC用
「Pointsec for Pocket PC」を販売しています。海外では、上記製品に加え、
「Pointsec for Palm OS」、「Pointsec webRH (web Remote Help)」、「Pointsec
for Symbian OS」、「Pointsec for Smartphone」も販売しています。


<本件に関する報道関係者のお問合せ先>
ポイントセック株式会社 広報担当
株式会社プラップジャパン CS4部 浜津・大畑
TEL: 03-3486-6222 FAX: 03-3486-7531
e-mail: y-hamatsu@prap.co.jp ; c-ohata@prap.co.jp

<製品に関するお問合せ先>
ポイントセック株式会社 石井
TEL: 03-3560-3177(代表)  FAX: 03-3560-3178
e-mail: hajime.ishii@pointsec.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。