logo

ターボリナックスがインドに新拠点設立

日本、中国に続く第三の市場としてインドを選択、グローバル展開をさらに加速

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は、2月7日、臨時取締役会議を開催し、インディアアクションプラン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:ヴィプル・カント・ウパデアーエ氏、以下IAP社)と、グローバル戦略の新拠点として合弁会社「Turbolinux India Private Limited」(以下Turbolinux India)を設立することを承認いたしました。
出資比率はターボリナックスが55%、IAPが45%で、出資額は当初2万7,200ルピー(約7,000万円)、2006年度内に4,500万ルピー(約1億1,700万円)まで増資する予定です。

Turbolinux Indiaは、本年3月中の会社設立と4月1日事業開始を目指しており、インドニューデリー市郊外のハルヤナ州グルガオン市に本社を設置する予定です。

10億人以上の人口と、1億人を超える中産階級を有するインドは、マーケットとして非常に有望であると同時に、今や世界のソフトウェア産業の中心地となりつつあります。英語に通じ、非常に高い水準の技術者が多く、ターボリナックスのグローバル市場向けの製品・サポート戦略上重要な拠点となると考えています。また、東西に広がるアジアのほぼ中央に位置するインドは、アジア全域の顧客に対して販売・サポートを行う拠点として、地理的に非常に重要な意味を持つと考えています。
さらには、以上のようなインド市場自体の魅力に加えて、昨年数百にも上る日系企業が新たなる市場を求めてインドを訪問しており、インド市場に新規で参入する日系企業も、一つの大きな「市場」であると考えています。

これらの様々な好条件を有するインド市場において、ターボリナックスは2年前より大手ハードウェアベンダー数社とのOEM取引や、リセラーパートナーを介した拡販活動を行いつつインド市場での礎を築いており、今回の現地法人設立を機に、一気にビジネスを開花させていく予定です。

今回ターボリナックスと協業するIAP社は、IT関連サービスをグローバルに展開している会社で、とりわけ日本市場におけるIT関連サービスの提供を会社のコアに位置づけています。これまで多くの日系企業を顧客として抱え、日本とインドの架け橋として活動してきた実績を持っています。また、IAP社がカバーする製品とサービスは、ウェブソリューションから音声、データを含んだ組込ソリューションに至るまで幅広い領域をカバーしており、加えて、ユビキタスと組込技術に関する研究開発部門を有しており、組込デバイスとユビキタス技術の信頼性と利便性の向上に繋がるソフトウェアソリューションの分野での先進的な開発を行っており、ターボリナックスとのシナジー効果が非常に高いと判断しています。

日本、インドの両方に幅広いビジネスネットワークを有し、且つ先進的な技術開発を行っているIAP社と、日本有数のLinux OSベンダーである当社との協業により生まれるTurbolinux Indiaにより、ターボリナックスは日、中、印というアジア最重要拠点を全てカバー出来ることとなり、アジアNO.1のLinuxベンダーとなるための強固な礎となるものと確信しています。

以上のような背景から今回設立が承認されるに至った、Turbolinux India Private Limitedの主たる業務は以下の4点となり、日印のグローバルパートナーシップがより強固なものとなるように活動します。
(1) インドとその周辺諸国へのターボリナックス製品の営業拠点
(2) グローバル(英語圏)なサポート拠点
(3) グローバル向け製品、ソリューション(とりわけ組み込み領域)の開発拠点
(4) 新規にインド市場へ参入する日系企業のITインフラサポート

以上のミッション遂行のため、今後IAP社と力を合わせ、初年度からの黒字化と、将来的には現地市場に根付いた会社としてインド市場での上場を視野に入れ活動していく予定です。

インディアアクションプラン株式会社
代表取締役社長 ヴィプル・カント・ウパデアーエ氏 コメント
「当社のソフトウェアデザイン、開発およびシステムインテグレーション上の強みと、ターボリナックスのOSS分野でのこれまでの経験により、類いまれなる企業の融合体が形成されるものと思っております。
今回の合弁会社は、現在様々な企業からも非常に関心が高いOSSを、インドだけでなくグローバルに提供するという点で、非常にユニークな存在です。この合弁会社は、ターボリナックスプラットフォーム上で、機能開発とアプリケーションの提供に関わる顧客独自の要求を満たせるよう活動して参ります。
当社、IAPはターボリナックス製品を世界に広めるため、研究開発、技術開発およびその他の支援を行っていくことをお約束します。」

ターボリナックス株式会社 代表取締役社長 矢野広一 コメント
「実質、世界のソフトウェア産業の中心となりつつあるインドで、先進的な技術開発を行うIAP社との密接な関係のもとTurbolinux Indiaを設立することは、弊社がアジアの『Linux OSベンダー』からグローバルに通用する『Linux Based Solutionベンダー』へと飛躍するための大きな翼を得たと考えております。」


<報道関係者お問合せ>
ターボリナックス株式会社 海外事業本部
TEL:03-6406-2911 press@turbolinux.co.jp

LinuxはLinus Torvalds氏の商標または登録商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事