logo

新著作権保護法案「SOPA」には賛成?反対?

2012年1月19日 09時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米議会で審議中の新著作権保護法案Stop Online Piracy Act(SOPA)が物議を醸しています。


 SOPAは海賊行為を防ぐことを目的とした法案で、著作権侵害の可能性があると申し立てられたサイトを司法省が容易に閉鎖できるようにするというものです。テレビや映画などのエンターテインメント業界や、出版などのメディア業界から大きな支持を受けています。


 一方で同法案に反対する声もあり、オバマ政権は「検閲や革新の抑制につながるおそれがある」と懸念する声明を発表したほか、Wikipediaの創設者Jimmy Wales氏は、SOPAへの抗議活動として、同サイトを米国時間1月18日に閉鎖するとしてます。また、グーグルも同社ホームページ上にリンクを掲載することで、SOPAへの反対の意向をユーザーらに告知するとしています。


 パネリストの皆さんは、この法案についてどのようにお考えですか。日本の影響なども含めて、ご意見をお聞かせください。


  • 松永 エリック・匡史
    松永 エリック・匡史さん (メディア戦略コンサルタント)
    ミュージシャン松武秀樹氏とエリック松永の共同見解(M2 Logic Project)です。

    安易な圧力のみによる規制は、オープンで世界につながるインターネットの発展や創造を阻害するものに他なりません。今、必要なのはインターネットを理解し、コンテンツ事業者がインターネット業界と一体となって、違法コンテンツを撲滅させ、エンドユーザがもっと楽しくワクワクするような新しいサービスを創造していく事です。

    続きは、
    (リンク »)
    2012-01-31 12:04:12
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集