logo

ジョブズ氏の功績は?アップルの行く末は?

2011年8月25日 23時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple 最高経営責任者(CEO)で共同創設者のSteve Jobs氏が、CEOを辞任することを発表しました。


 過去数年にわたって、健康上の問題から休暇を取っていたJobs氏。その度にさまざまな憶測が飛び交いましたが、今回は「AppleのCEOとしての義務や期待に応えることができなくなる日が来てしまった」という旨のメッセージも公開しています。


 すでに後任としてApple最高執行責任者(COO)のTim Cook氏の名が挙がっていますが、Jobs氏の最大の功績は何だったでしょうか。またCEO辞任はAppleにどのような影響をもたらすでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 江島健太郎
    江島健太郎さん (エンジニア、アントレプレナー)
    100年先の未来から現在を振り返って、コンピュータや通信など情報技術の世界で偉業を成し遂げた人物を一人だけ挙げよ、といわれたら、そこでは迷わずSteve Jobsの名前が出ることでしょう。

    生きる伝説となったSteve Jobsは、もはや産業界においてJack WelchやWarren Buffett、Rupert Murdochなど当代の人々と比べる存在というよりも、Thomas Alva EdisonやAndrew Carnegie、Walt Disney、John Rockefellerといった系譜に列せられるような、「歴史の教科書に載る」存在となってしまいました。

    私自身が6歳の頃から30年にわたってコンピュータともに生きてこれたのは、Steve Jobsという存在があったからです。今となってはBill Gatesでさえ、その引き立て役に過ぎなかったように思えてきます。

    JobsのCEO引退は、遅かれ早かれ起きたこと。Appleの未来に暗い影を落とすことはあろうとも、今はただ彼のなしとげてきた業績に感謝しつつ、健康を祈りたいと思います。
    2011-08-26 06:58:32
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集