logo

GoogleのSNSは今度こそ成功するか

2011年7月1日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Google+」のベータ版を公開しました。


 Google+はユーザーが自分の友人や知人をカテゴリ別に分類できる「Circles」という機能を中心に成り立っており、Facebookのようなリアルタイムのウォール、写真や動画のアップロードなどを利用できます。また、ユーザーが興味の対象を入力すると、その特定のトピックに関連するニュースや動画などのコンテンツを受信できる「Sparks」という機能もあります。


 GoogleはSNSやコミュニケーション色の強いサービスを苦手としていると言われています。「Orkut」は米国のユーザーにはほとんど受け入れられず、2009年5月に公開したメッセージングサービス「Google Wave」は2010年8月に開発を停止しました。Googleの前CEOであるEric Schmidt氏は、同社がソーシャルネットワーク分野で後れを取ったことについて自分の責任であると認めています。


 GoogleのSNSは今度こそ成功し、Facebookを脅かす存在となるでしょうか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    成功しない。
    Google+はFacebookを分析し、研究し尽くした上でリリースしているので、UI的には非常に似ているし、理屈上ではFacebookが弱い機能をうまく改善している。
    しかし、Google+が十分な会員を集める前にFacebookは弱点を克服してしまうだろう。同じ土俵では、Googleであってもとても追いつかないくらいFacebookは巨大化してしまっている。

    Googleは別のアプローチをすべきでしょう。ソーシャルサービスには、Facebookやmixiのようなカジュアルな関係の構築だけでなく、LinkedInのようにビジネスライクな関係の構築もある。事実Facebookは以前、このLinkedInクローンを作ろうとして大失敗している。だから、Googleならではの"ソーシャル"のあり方を考案し、そこにフォーカスすべきと思います。
    2011-07-04 08:35:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集