ドコモが4月からSIMロック解除--で、何が変わるの?

2011年2月25日 17時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモが4月以降に発売するすべての端末にSIMロックの解除機能を導入すると発表しました。手数料を払えば、端末購入後すぐにもドコモショップでロック解除できるようにするそうです。

 日本では携帯電話の端末を特定の通信会社でしか使えないように制限(SIMロック)されています。一方、海外ではSIMカードを差し替えるだけで通信会社を問わず携帯電話の端末が使えるのが一般的。そこで総務省は2010年6月にガイドラインを発表し、通信事業者にSIMロックを解除するように協力を求めてきました。

 SIMロックの解除に対する通信事業者トップの意見は正反対です。ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、「さまざまな不具合が出てくる。解除した端末は単価が4万円ほど高くなる」と、NTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏は、「SIMロックを解除したからといって端末の料金が高くなることはない」と、それぞれ主張しています。

 4月以降、SIMロック解除が実行されるとキャリア、メーカー、消費者、そして携帯電話業界にどのような変化が起きるのでしょうか。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    NTTドコモが最初にSIMロック解除を行うと予測されていましたが、その通りになりました。Android端末のシェアが拡大する今年は、乗り換え需要も増加する事からSIMロック解除の適切な時期だったと思います。

    いかに優れた機能や性能を持つ通信端末でもキャリアのパフォーマンス(通信速度、カバレッジ、受信性能、通信料金)が悪ければ本来の性能は発揮されません。

    SIMロック解除により、キャリア、端末メーカそれぞれが独立した性能と価格という本来の指標で自由競争が始まると思います。(問題はどこまで端末メーカのキャリアに依存しない独立性が確保できるかですが。)

    SIMロック解除後、端末価格は一時的に高騰するかも知れませんが、結果的には市場の競争原理により適切な価格レンジに落ち着くと思います。
    2011-02-28 23:35:29
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加