質問:今度こそ本当にIPv4が枯渇しそうです

2011年2月4日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数のインターネット管理団体が、IPv4アドレスブロックの割り振りが終了したことを正式に発表しました。IANA(Internet Assigned Numbers Authority)は最後のIPv4アドレス5ブロックが5つの地域インターネットレジストリ(RIR)に割り振りました。そしてRIRがISPにこれらのIPアドレスを分配し終えたら、これでIPv4アドレスの在庫が尽きる見通しです。

 もちろんこうした事態は以前から指摘されていましたが、残りのアドレスブロックをこれほど早く使い切ってしまうとは予測されていなかったようです。Internet Corporation For Assigned Names and Numbers(ICANN)のCEOを務めるRod Beckstrom氏は、「今回の件は、IPv6の導入が最重要課題となったことを意味する」という声明を発表しました。

 次世代IPアドレス規格である「IPv6」は128ビットのアドレス空間を持ち、アドレス数がほぼ無限と言われています。IPv6への移行はスムーズに進むのでしょうか。また企業にとってIPv6の導入にはどのような課題があるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    IPv6普及の仕事に関わりはじめたのが10年前。個人的には感慨もひとしおです。しかしその当事者だった経験があるからこそ、「IPv6への移行」と一口に言っても、その道のりはまだまだ険しいと思っています。

    最大のボトルネックは、やはり端末側の問題でしょう。たとえばOSレベルでは、最新のMacOSやWindows7にはピカピカのプロトコルスタックが搭載されていますが、特にWindows側はXPが相変わらずレガシーとして君臨しています。またアプリに関してはさらに問題が細分化、複雑化することになります。

    サービス提供側の足並みが揃わないのも悩ましいところです。Googleはすでにサーチへのv6アクセスを可能にしていますが、検索結果の先にあるWebサーバがIPv6対応していない限り、やはりIPv4が必要ということになります。

    一方でニーズが高まっているのは事実でしょう。IPアドレスの絶対数不足は、「ヘタするとインターネットサービスが提供できない」ということに他なりませんし、NAT等も含めた代替技術には、セッション数が爆発しがちな昨今のWebサービスにどう対応するの?という課題がつきまといます。

    そしてこれはIP層だけの話ではありませんが、そうした多様な管理体系を持つネットワーク構造が複雑に入り組むことが、ルーティングに与える影響も、考慮しなければなりません。

    ここ数年は現場から離れているので偉そうなことを言えた立場ではありませんが、問題の解決には「中間者がどう移行の痛みを吸収できるか」にかかっている、と考えています。たとえばオペレータ目線ではLSN(Large Scale NAT)を、そのライフサイクルも含めてどう構築・運用するか。またもしかするとGoogleのような事業者がゲートウェイの役割を当面果たす必要があるのかもしれません。

    あれこれ考えていくと、実はIPアドレスに係る問題の現実解の一つとしても、クラウドに大きな意味があるのかもしれませんが、長くなりますので続きはまたどこかで :-)
    2011-02-05 08:40:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加