logo

質問:今度こそ本当にIPv4が枯渇しそうです

2011年2月4日 11時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数のインターネット管理団体が、IPv4アドレスブロックの割り振りが終了したことを正式に発表しました。IANA(Internet Assigned Numbers Authority)は最後のIPv4アドレス5ブロックが5つの地域インターネットレジストリ(RIR)に割り振りました。そしてRIRがISPにこれらのIPアドレスを分配し終えたら、これでIPv4アドレスの在庫が尽きる見通しです。

 もちろんこうした事態は以前から指摘されていましたが、残りのアドレスブロックをこれほど早く使い切ってしまうとは予測されていなかったようです。Internet Corporation For Assigned Names and Numbers(ICANN)のCEOを務めるRod Beckstrom氏は、「今回の件は、IPv6の導入が最重要課題となったことを意味する」という声明を発表しました。

 次世代IPアドレス規格である「IPv6」は128ビットのアドレス空間を持ち、アドレス数がほぼ無限と言われています。IPv6への移行はスムーズに進むのでしょうか。また企業にとってIPv6の導入にはどのような課題があるのでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 松尾 康博
    松尾 康博さん (IT企業で研究開発と技術教育に従事)
    とても限定的な視野しか持っていませんが、あまり問題にならない気がします。

    まず、社内LANやサーバセグメントのようなプライベートアドレスを使っているシーン。外部とはNATであることが前提になってしまっているので(それはそれで問題ですが)、NAT/DNSキャッシュサーバでv6変換すればユーザはほとんど意識しなくてよさそう。

    ネット関連でも、本当にグローバルIPが必要なのはmail(これもMTAで変換すればなんとななるし)、リバースプロキシ/ロードバランサー/ファイヤーウォールの類で、バックエンドの大量のサーバ群はプライベートアドレスを使う限りv6への移行が必須にならない気がします。

    そして、そのロードバランサー等がクラウド化されていく中で、v6を意識するのはISP/携帯キャリア/IX/クラウド業者/一部のWeb業者だけで、うまく抽象化・隠蔽化されるような気がしています。

    世に存在する全ての機器にIPv6を、という思想は素晴らしいですが、非連続な技術変化は失敗するケースが多いので、着地点としてはこのあたりかなと。
    2011-02-04 11:34:53
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集