logo

Google BuzzはTwitterキラーとなるか

2010年2月10日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが新たなソーシャルネットワーキングサービス「Google Buzz(バズ)」を公開しました。Twitterのようなフォロー/フォロワーの関係性のなかで、自分がいま何をしているか、どこにいるかといったリアルタイムな情報を共有し、コメントのやりとりをするサービスです。AndroidやiPhoneにも対応しています。

 オープン化も検討されており、さらに今後は「Google Apps」と連携するビジネスユーザー向けの「Enterprise Buzz」がリリースされる予定です。

 GoogleがTwitterと同様のリアルタイムコミュニケーションサービスを開始した意図、そしてGoogle Buzzの成功の見通しについて、パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。読者の皆様もぜひコメント欄でご参加ください。


  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    Gmail インターフェース上で利用できることが大きなメリットで、Gmail,、GoogleTalk そして Buzz と、伝えたい情報の量、情報の質など利用シーンに応じて使い分けれれるコミュニケーション・スィートに仕立て上げられています。

    Google Apps へのインテグレーションを前提に設計されているようで、Publc モード/Private モードと発信する情報をマネージできるので、ビジネス利用にも利用出来そうです。

    Twitter と比較されるのは否めませんが、Google Buzz の目指すところは Twitter とは違うビジネスドメインになるのではと思いました。
    2010-02-11 09:22:56

-PR-企画特集