logo

ゲイツ引退、本当の功績とは?

2008年6月30日 16時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft常任会長 Bill Gates氏が6月27日に退任しました。すでに2000年1月にはCEOをSteven Ballmer氏に譲っており、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団での慈善活動に重心を移していましたが、今後はフルタイムの業務から完全に引退するそうです。

 Microsoftの設立、Windowsの開発などは、Gates氏の功績としてあまりに有名ですが、同氏がIT業界に与えた影響の本質とは何でしょうか。パネリストのみなさんのご意見を聞かせてください。


  • 秋元裕樹
    秋元裕樹さん (職業ブロガー、他)
    数十年に渡って業界を支配するデファクトスタンダードを作ったことでしょうね。

    Windows以前、あるいはMS-DOS以前の、各社がバラバラに自社規格のハードウェアやソフトウェアを提供して競合する世界は、ゲイツ氏がいなければ統一されずにもっと続いていたかもしれません。

    その場合には、今の世界よりもアプリケーションは遅れている代わりに、革新的なインタフェースやOS等が生まれていたのかもしれませんが。

    OSやハードウェア互換性のことをあまり考えずに世界中の顧客相手にソフトウェアが販売できるようになったのは、大きな業績ではないでしょうか。
    2008-06-30 17:14:26
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集