最新NAS OS「DSM 6.0」を搭載し企業の生産性を向上--Synology「DiskStation DS716+」

CNET Japan Ad Special 山口真弘2016年03月08日 11時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NASで独自メールサービスを構築できる「MailPlus」

 もうひとつ法人ユースで注目すべき機能に、「MailPlus」がある。これは本製品で独自メールサービスを構築し、メールの送受信が行える機能だ。Gmailなどでパブリッククラウドに置かれているサーバの役目を、本製品がそっくりそのまま果たすと考えればわかりやすい。

 パブリッククラウド型のメールサービスは、冗長性が高く、また外出先はもちろんスマホなど異なるデバイスからの閲覧も容易とあって普及が進んでいるが、こと法人ユースでは、たとえ経路が暗号化されているにせよ秘密情報を含むメールそのものを社外であるパブリッククラウドに置いてよいかは賛否両論があるところだ。無料のパブリッククラウド型メールサービスでは、広告を表示するためにメール本文を解析している場合もあるなど、プライバシーの問題もつきまとう。

 こうした場合に、この「MailPlus」を使い、オンプレミス型のメールシステムを社内に置くというのは、セキュリティとプライバシーの問題を一気に解決できる妙案と言える。容量についても自在に拡張できるほか、キーワードによるカスタマイズが可能なスパムフィルターや、メールを整理するためのタグやフォルダ、さらにタグごとにメールを指定フォルダに移動させるフィルタ機能なども使え、機能的にはなんら遜色ない。

DSM 6.0 Beta - 生産性 - Synology

 画面レイアウトもGmailライクで馴染みやすく、すでに利用中のクラウドメールシステムからの移行には最適。vCardとCSV形式のインポートをサポートしているので、連絡先の共有および移行も容易だ。言うまでもないがメニューはすべて日本語化されており、日本語のメールを作成できる。

 また自社内にメールサーバを設置する最大の懸念点となる耐障害性についても、2台の本製品を用意することでロードバランスを取って解消でき、またこれはパフォーマンスの向上にも恩恵がある。固定IPアドレスこそ必要なものの、外部のメールサービスと違ってサーバ維持費などがかからない利点もあり、なかなか面白い選択肢だと言えるだろう。もちろん前述のバックアップ関連の機能との組み合わせも可能だ。

 なお、ここではデスクトップ用のブラウザから参照したスクリーンショットを紹介しているが、本製品にはモバイルで利用できる「MailPlus mobile」も用意されており、iOSとAndroid用のアプリからは、テンプレートにより迅速な返信が行える。パブリッククラウド型のメールサービスを超えるきめ細かな機能の数々は、ビジネスユーザーの生産効率の向上に貢献するだろう。

リンクアグリゲーションなど注目機能も多数搭載

 同社のコンパクトNASの中でも上位モデルにあたるDS716+では、ここまで見てきた以外にも、他のNASにはあまりない、法人ユースに適した機能が実装されている。なかでもIEEE 802.3adに対応したリンクアグリケーションをサポートしているのは、見逃せない特徴といっていいだろう。

 リンクアグリケーションは、一言で言ってしまえば、2本のLANケーブルを用いることで、データの転送速度を2倍にする技術だ。IEEE 802.3adに対応するハブを用意した上で、DS716+背面にある2つのLANポートに2本のLANケーブルを挿し、それらをハブに挿す。その上でハブ側でリンクアグリゲーションの設定を行ってやれば、通常のおよそ2倍に相当する速度でデータ転送が行えるようになるのだ。

 この機能は一般的に、動画の転送などスループットの向上に効果があるとみなされることが多く、実際それも間違いではないのだが、複数のクライアントから同時にアクセスすることが多いSOHOでは、帯域の緩和につながり、余裕を持ってデータの読み書きが行えるようになる。社内で利用者が増えたことでNASのパフォーマンス低下に悩んでいた管理者にとって、福音となるだろう。

 以上ざっと見てきたが、ハードおよびソフトともに法人向けを想定した数多くの機能が搭載されており、2ベイというコンパクトな筐体ながらも、即戦力の製品に仕上がっている。実売価格も7万円台ということで、法人の各部署で決済可能な金額に収まっているのも嬉しい。

 世界的に見ても高いシェアを持つ同社のNASは、冒頭でも述べたように同じベイを持つNASへの移行もサポートするため、まずは本製品を導入し、将来的に4ベイや6ベイのモデルなどへアップグレードするのも容易だし、eSATA接続に対応したオプション「DX513」などを使って最大5台のドライブを追加するといった拡張にも対応する。まずは手始めにということで、本製品で最先端の機能の数々を試してみるというのは、なかなか賢い選択と言えるのではないだろうか。

Synology DiskStation DS716+

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]