J:COM、法人事業ブランド「J:COM BUSINESS」を立ち上げ

 JCOM(J:COM)は6月6日、法人事業ブランドを「J:COM BUSINESS」として展開することを発表した。

 企業・自治体とともに、顧客と地域社会が豊かであり続ける未来の実現を目指すという。

キャプション

 J:COMは、放送・通信事業者として“あたらしいを、あたりまえに”のブランドメッセージのもと、安心・安全なコミュニティー形成をサポートする防災・防犯サービスの提供などを支援している。

 また、地域プロデューサー141人を専任担当の窓口として、各地のイベント企画立案やプロモーションをサポート。さまざまニーズにこたえ、地域との関係性を深めている。

 そのほか1月1日には、KDDIからケーブルテレビ関連事業を承継。全国のケーブルテレビ事業者とのパートナーシップを強化していた。

 これらのリレーションシップと取り組みは、J:COM BUSINESSでも継続し、さらに深化させるという。企業の抱える課題解決や行政DX化を支援し、顧客の事業成長へ貢献するとしている。

ニュースリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]