X、アダルトコンテンツの投稿を条件付きで認めるポリシーを公開

Katelyn Chedraoui (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年06月04日 11時02分

 X(旧Twitter)が最近、アダルトコンテンツに関するポリシーを更新し、ウェブサイトで公開していたことが分かった。

Xのロゴ
提供:James Martin/CNET

 The Associated Pressによると、Xには2022年にElon Musk氏が買収する前からアダルトコンテンツのポリシーがあり、今回の更新はこのポリシーを正式に定めたものだという。Xはユーザーに対し、アダルトコンテンツを投稿する場合はそのことが分かるようラベル付けすることを促している。

 このポリシーには、「性的テーマに関連する素材については、それが合意のもとで製作され、配信されている限りは、ユーザーによる作成、配布、消費が可能であるべきだとXは考えています。(中略)成人には、性に関連する場合も含め、自身の信念、願望、体験が反映されたコンテンツと関わることや、そうしたコンテンツを作成することを、自らの意思で決定する権利があるとXは考えています」と書かれている。

 重要なのは「合意のもとで製作され、配信されている限りは」という部分だ。このポリシーには、成人向けコンテンツが合意のもとに作られたかどうかをXがどのように判断するかについての説明はない。このプロセスは、コンテンツがAIで生成されたものである場合に特に重要だ。性的搾取、合意のない性的行動、性的物象化、性的対象化、未成年に対する危害、わいせつ行為を助長するコンテンツは禁止されている。

 なお、アダルトコンテンツをプロフィール画像やバナーに掲載することはできない。また18歳未満または誕生日を登録していないユーザーは、アダルトとマークされたコンテンツを閲覧できない。18歳以上でもアダルトコンテンツを見たくなければ、設定で非表示にできる。

Xでセンシティブなコンテンツを非表示にする方法

  1. Xのプロフィールから「設定とプライバシー」を開く。
  2. 「プライバシーと安全」を開く。
  3. 「表示するコンテンツ」を開く。
  4. 「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」の横のチェックボックスをオフにする。
Xの新しいポリシー

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]