KDDI、SIMカードの台紙サイズを半分に--プラ使用量55%減

 KDDIは6月3日、台紙のサイズを従来品に比べて半分にしたSIMカードを導入したと発表した。従来品と比較してプラスチックの使用料を約55%、製造過程での二酸化炭素(CO2)排出量を約30%削減できるという。


※クリックすると拡大画像が見られます

 同様の取り組みは欧州が先行しているが、日本ではKDDIが携帯業界最少のプラスチック使用量となる。また、一度に多くの枚数を運べるため、輸送時のCO2排出量も削減できる。

 KDDIは、グループ全体として、2040年度末までにサプライチェーン全体からのCO2排出量を実質0にする「ネットゼロ」の達成を目標に掲げている。

KDDI

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]