日本歯科大で顔認証による出欠席管理--丸紅情報システムズら、早期事業化目指す

 丸紅情報システムズは5月28日、NECソリューションイノベータ、クリネットと共に、日本歯科大学において、顔認証を用いた出欠席管理システムの実証実験を2023年3月7日から開始したと発表した。

 丸紅情報システムズは、今回の実証の結果を踏まえて各社と連携し、出欠席管理に特化した認証ソフトウェアの改修を進め、2024年度中の早期事業化を目指すという。

 本実証は、日本歯科大学がトライアルフィールドの提供と利活用検討、丸紅情報システムズがグランドデザインと実証参加企業の取りまとめを担当。NECソリューションイノベータが顔認証パッケージソフトウェア「PKG Bio-IDiom KAOATO」を提供し、クリネットが出席確認用途におけるIPカメラ技術、機器提供、導入SI支援を行った。

 日本歯科大学は、「公平性のある確実な出席管理を行う」という目標を掲げ、丸紅情報システムズと連携して本実証を開始。出入構や出欠席管理の自動化による、教職員の稼働負担軽減率などを検証する。

 また、新型コロナウイルス感染症収束後も求められる「新たな生活様式」への対応についてどのような利点や欠点があるのかを見極め、今後の利便性向上につなげていく目的だ。

プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]