アップル、「iOS 18」でAIを絵文字や要約生成などに導入か

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2024年05月28日 11時12分

 Appleが6月に開催するWorldwide Developers Conference(WWDC)で人工知能(AI)技術に関する計画を発表する際、その多くは見慣れたものに思えるかもしれない。新たな報道によると、Appleは今回、新境地の開拓よりもキャッチアップを目指し、絵文字、写真編集、メッセージ、電子メールにAIを導入する計画だという。

iOS 18
提供:Viva Tung, CNET / Getty Images

 Bloombergの米国時間5月26日の報道によると、AppleのAIに関する計画は、ボイスメモの文字起こし、検索の高速化、音声アシスタント「Siri」のより自然な会話など、ソフトウェアの多くの部分に影響する。これらの改良の多くは「Project Greymatter」という社内の名称の下で進められており、高い処理性能を必要としない機能の多くはデバイス上で、それ以外はクラウドで実行されるという。

 新しいAI機能は次期OSの「iOS 18」と「macOS 15」に搭載され、「Apple Watch」のSiriも強化されるとBloombergは報じた。

 さらに、Appleが「ユーザーのメッセージに基づいて、その場でカスタム絵文字を作成する」ソフトウェアを開発中とも報じている。

 Appleの担当者にコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。

 AppleのAI計画に関する新たな報道は、同社が競合との差を縮めるために取り組むであろうこの1年について、ヒントをもたらすものだ。OpenAIが「ChatGPT」サービスを開始してから1年半で、数億人の人々がこのサービスや同様のテクノロジーをこぞって利用した。AIのハルシネーション(幻覚)という問題があるため、このテクノロジーは必ずしも信頼できるものではないが、多くの人々は仕事中の電子メール作成支援やコーディング、さらには料理の写真からレシピを作成することまで、あらゆることに有用だと感じている。

 これを契機とするブームは、Amazon、Microsoft、「Facebook」を運営するMeta、Googleの親会社Alphabetなどが、新興企業や新しいAI技術に計数十億ドル規模の投資をすることにつながった。

 Bloombergは、Appleが取り組んでいる機能の1つとして、未読の通知やテキストメッセージのほか、ウェブページ、ニュース記事、文書などの要約を生成する機能を挙げている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]