「旅」をANAにまとめる「TaaSプラットフォーム」構想--予約・管理・シェアまで、2026年完成目指す

 ANAグループのANA Xは4月22日、航空便予約に加えてさまざまな旅の素材の検索・予約・管理をスマートフォンひとつでシームレスに完結できる「TaaS(Travel as a Service)プラットフォーム」の構築に取り組むと発表した。

 旅行におけるデジタル化により旅の選択肢が増え、顧客ニーズが多様化しているなか、ホテルやレンタカーなどの販売を強化し、手配の煩雑性を解消する。より便利な旅のサービスを提供すべく、2026年の完成を目指すという。

 
 

 今回始動するTaaSプラットフォーム構想では、航空便予約に加え、ホテル・レンタカー・アクティビティなどの検索から予約、その後の管理まで段階的にサービスをアップデートさせ、スマホひとつでシームレスに完結できるサービスを目指す。

 構想の第1弾として、3月26日にANA国内宿泊予約サービス「ANAトラベラーズ ホテル」を大幅にリニューアル。宿泊施設のラインアップを約1万2000施設へ拡充し、予約の操作性も改善。予約画面における操作性の向上を図ったという。

 
 

 今後は、レンタカー・アクティビティ・海外旅行商品などを、順次TaaSプラットフォームへ合流させ、ANAのウェブサイトやアプリ上で簡単・便利に全てのサービスを一括で手配できるように展開する。全ての予約にマイルが貯まる・使えるため、ANA経済圏の拡大も図る。旅行中の位置情報や予約内容に応じたサポートやおすすめ情報、旅の記録とシェアなど、新たな旅の体験価値提供も目指すとしている。

プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]