ソニー、大型テレビで「発泡スチロール梱包」廃止--カネカの新素材で代替

 ソニーは4月18日、大型テレビで発泡スチロールを使った梱包を廃止すると発表した。香港および台湾市場向けの85型mini LEDバックライト搭載テレビ「BRAVIA 9」が対象で、カネカ製の生分解性バイオポリマー「Green Planet」を使った梱包で代替する。

「Green Planet」を使った梱包 「Green Planet」を使った梱包
※クリックすると拡大画像が見られます

 Green Planetはバイオマス由来の新素材で、さまざまな環境下での生分解性を有する。土壌だけでなく海中でも二酸化炭素と水に分解されるため、プラスチックによる環境汚染問題の解決に貢献できるという。

 ソニーは2050年までに環境負荷ゼロを目指す「Road to Zero」を策定しており、今後も環境負荷低減の取り組みを推進するとしている。

 Green Planetは、ストロー・レジ袋・カトラリー・食品容器包装材などでも採用が進む。カネカによると、現在は本格的な量産化に向けて取り組んでいる段階だという。

食品カラトリーとしても採用が進む
食品カラトリーとしても採用が進む

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]