楽天、「Viber」に「AIチャットサマリー」--グループチャット最大100件の未読を要約、OpenAIの技術で

 楽天グループは4月11日、傘下のViber Mediaが提供するメッセージングアプリ「Rakuten Viber」のスマートフォン版で、グループチャットの未読メッセージを要約する新機能「AIチャットサマリー」の提供を開始したと発表した。

 OpenAIの生成AI技術を活用し、グループチャット内の未読メッセージから要点を抽出し、箇条書きの要約文を瞬時に作成するという。

キャプション

 AIチャットサマリーは、未読メッセージがあるグループチャットを開き、チャット内に表示される「要約を取得」ボタンをタップすることで、要約文を作成する。最小7件から最大100件までの未読メッセージを要約できるという。

 たまった未読メッセージをさかのぼって確認する必要がなくなり、メッセージのやり取りに費やす時間や労力を最小限にとどめ、意思決定や生産性の向上に寄与する。

 AIチャットサマリーは、データのプライバシーと安全性を最優先に考慮して開発。要約したメッセージはユーザー名以外の識別子を一切含まず、特定のメッセージ内容をグループメンバーに紐づけることはできない。また、楽天グループとViber Mediaがユーザーが入力した情報を収集しない仕様だという。

プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]