LIXIL、トイレが自ら掃除する「SATIS X」--見えない汚れも毎日キレイに

 LIXILは3月6日、INAXブランドのフラッグシップモデルとなる、全自動洗浄タンクレストイレ「SATIS X」を発表した。6月3日から、全国で発売を開始する。

左から、LIXIL執行役専務 LIXIL Water Technology Japan担当の大西博之氏、LIXIL常務役員 LIXIL Water Technology Japanトイレ空間事業部事業部長の水谷優孝氏、トイレ空間商品部部長の田中伸幸氏
左から、LIXIL執行役専務 LIXIL Water Technology Japan担当の大西博之氏、LIXIL常務役員 LIXIL Water Technology Japanトイレ空間事業部事業部長の水谷優孝氏、トイレ空間商品部部長の田中伸幸氏
SATIS X
SATIS X

 SATIS Xは、こびりつくと落ちにくい目に見える汚れと、微生物やハウスダストなどの目に見えない汚れの両方を自動で落とす。目に見える汚れは、水を3方向に分けてムラなく行きわたらせることで便器の内側の汚れを洗い流す「極みトリプル水流」、目に見えない汚れは、1日1回泡で便器を洗浄する「泡クリーン」で洗浄。泡クリーンは専用アプリやリモコンで、開始する時刻を任意に設定することも可能だ。また、使用後にノズルとノズルシャッターを水で洗い流す「ノズルオートクリーニング」「シャッタークリーニング」も搭載する。

極みトリプル水流
極みトリプル水流
泡クリーン
泡クリーン

 カラーバリエーションはノーブルグレー、ノーブルブラック、ノーブルトープ、ピュアホワイトの4色展開で、背面を照らす「ほのかライト」も追加。また、従来のSATISシリーズの機能である「ビデ専用ノズル」「泡クッション」「お掃除リフトアップ」なども搭載する。

左から、ノーブルグレー、ノーブルブラック、ノーブルトープ、ピュアホワイト
左から、ノーブルグレー、ノーブルブラック、ノーブルトープ、ピュアホワイト
リモコン操作で真上に蓋部分があがり、掃除ができなかった便器とのすき間汚れが拭き取れる「お掃除リフトアップ」
リモコン操作で真上に蓋部分があがり、掃除ができなかった便器とのすき間汚れが拭き取れる「お掃除リフトアップ」

 LIXIL常務役員 LIXIL Water Technology Japanトイレ空間事業部事業部長の水谷優孝氏によると、開発の背景には、現代人の悩みである「家事ストレス」があったという。「トイレ掃除は言わずもがな、嫌いな家事の定番。LIXILが行った家事に関する調査でも、トイレ掃除はお風呂掃除に次ぐ面倒な家事として認識されている。トイレ掃除の負荷を軽減し、ユーザーにとってのゆとりある暮らしを目指した」と、水谷氏はコメントした。

 また、LIXIL執行役専務 LIXIL Water Technology Japan担当の大西博之氏は、シャワートイレの海外での事業機会について言及。シャワートイレはまだ海外で一般的ではないが、コロナ禍を経て健康や衛生への意識が高まったことにより、普及は加速しているとした。特に中国では急速に市場が成長しており、2022年には江蘇省蘇州市にシャワートイレの新工場を設立、同拠点に開発組織を配置した。「日本事業とLIXIL Internationalの水回りにおける要素技術開発の一部機能を統合し、日本のコア技術を世界に広めていく体制を構築した。日本から中国、アジア、そして世界へ、日本のトイレ文化を広げていきたい」と、大西氏は語った。

 SATIS Xは49万7000円(税別)から。SATISシリーズは今後、「SATIS G」「SATIS S」と合わせた3タイプを展開していくという。

「泡クリーン」で洗浄中の便器
「泡クリーン」で洗浄中の便器
「泡クリーン」で使用する洗剤は5カ月程度で交換
「泡クリーン」で使用する洗剤は5カ月程度で交換

SATIS X

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]