味覚や嗅覚を再現、メタバースの犬を触って体感--ドコモが「MWC Barcelona 2024」で6G活用など披露、KDDI高橋社長もサプライズ登場

 スペイン・バルセロナで開催する「MWC Barcelona」に、国内の携帯電話事業者として最も多く出展しているNTTドコモは、「MWC Barcelona 2024」もブースを出展。同社が海外展開に力を入れている「OREX」や、5Gの次の世代となる通信規格「6G」に関する取り組みを中心としたアピールを展開していた。

「MWC Barcelona」に出展しているNTTドコモ。2024年の展示は「OREX」と「6G」が主体となっている
「MWC Barcelona」に出展しているNTTドコモ。2024年の展示は「OREX」と「6G」が主体となっている
  1. ブースの中心は「6G」--最新技術を分かりやすく
  2. 「OREX」の本格展開に向けNECと新会社を設立
  3. 井伊社長とKDDI高橋社長がツーショット会見--理由は

ブースの中心は「6G」--最新技術を分かりやすく

 中でも、ブース展示の中心になっているのが6Gだ。ドコモは6Gに向けた技術の研究開発に力を入れており、一層の高速大容量通信を実現するには30GHz以上のミリ波、そして100GHzとより高い周波数のサブテラヘルツ波などを使う必要があるとされている。一方でこれらは障害物に非常に弱いなど、扱いにくい周波数帯でもある。

 そうしたことからドコモは、6Gの無線性能を評価するためのシミュレーターを開発。1つの基地局から多数のアンテナを分散して配置し、複数のアンテナから伝送することで高い周波数帯を用いても遮蔽物の影響を受けにくくする「分散MIMO」や、電波を反射する反射板を設置することなどにより、通信速度を改善するシミュレーションを実施している。

ドコモは6Gの無線性能を評価するシミュレーターを開発、ミリ波やサブテラヘルツ波といった扱いにくい高い周波数を使用しながらも、さまざまな技術を用いて通信速度を改善する様子を示している
ドコモは6Gの無線性能を評価するシミュレーターを開発、ミリ波やサブテラヘルツ波といった扱いにくい高い周波数を使用しながらも、さまざまな技術を用いて通信速度を改善する様子を示している

 そしてもう1つ、6G時代に向けた取り組みとして注目されているのがNTN(Non-Terrestrial Network:非地上系ネットワーク)である。中でもドコモは、成層圏を飛行してスマートフォンと直接通信を実現する、空飛ぶ基地局ともされる「HAPS」(High Altitude Platform Staion)の研究開発に力を入れている。HAPSに関してもシミュレーターを開発し、電波の届き方などの検証を進めている。

 これらシミュレーターは、これまで同社が実施してきた国内のイベントでも展示されていたもの。だがMWC Barcelona 2024では、より効果が分かりやすく伝わるよう、シミュレーターの内容を模型で再現。光と色で効果をより分かりやすく表現している。

HAPSによる電波特性などを検証するシミュレーターも展示。いずれもより多くの人に分かりやすく伝えるべく、リアルの模型を用意したデモも実施している
HAPSによる電波特性などを検証するシミュレーターも展示。いずれもより多くの人に分かりやすく伝えるべく、リアルの模型を用意したデモも実施している

 ドコモは、6Gの活用事例の研究にも力を入れている。その代表的な取り組みが、通信で人間の感覚や動きを拡張する「人間拡張基盤」だ。MWC Barcelona 2024でもその人間拡張基盤に関するデモを実施しており、触覚に関するデモでは専用デバイスとVRヘッドマウントディスプレイを装着することで、仮想空間上の犬をなでたり、おもちゃを与えたり、散歩したりしながら触感や重さなどを体感することができた。

「人間拡張基盤」の触覚に関するデモ。専用のデバイスとVRヘッドマウントディスプレイを装着することで、仮想空間上で犬をなでたり、散歩をしたりするなどして触感や重さなどを体感できる
「人間拡張基盤」の触覚に関するデモ。専用のデバイスとVRヘッドマウントディスプレイを装着することで、仮想空間上で犬をなでたり、散歩をしたりするなどして触感や重さなどを体感できる

 そして、もう1つ実施していたデモが、味覚と嗅覚に関するものだ。アンケートに答えた内容から自身の味覚・嗅覚の特性を割り出し、それをベースに人間拡張基盤を通じ、他の人が感じているのと同じ味や香りを再現していた。

人間拡張基盤を通じて他の人が感じた味覚だけでなく、嗅覚も再現するデモも披露。高級ワインの香りを、その人の嗅覚に合わせて再現している
人間拡張基盤を通じて他の人が感じた味覚だけでなく、嗅覚も再現するデモも披露。高級ワインの香りを、その人の嗅覚に合わせて再現している

「OREX」の本格展開に向けNECと新会社を設立

 ドコモのブースでは6Gだけでなく、それより近い5Gの時代に向けた取り組みもいくつか披露している。その1つが「OREX」に関する展示だ。

 OREXは、基地局など無線アクセス機器の仕様をオープンなものにして特定のベンダーに依存しない環境を作る「オープンRAN」の海外展開に向けたブランド。ドコモはオープンRANの共通規格「O-RAN Alliance」の設立メンバーであるなど、古くからオープンRANに力を注いでいる。MWC Barcelona 2024に合わせて、OREXに関する取り組みもいくつか披露している。

 中でも大きな取り組みとなったのが、日本電気(NEC)と合弁で新会社「OREX SAI」を設立したこと。OREXの海外展開を本格化する上で課題となっていた、現地での製品やサービスの提供体制を整えるための設立したもので、ドコモが持つ技術とNECが持つ海外での事業拠点を活用し、オープンRANの検証やインテグレートを進めるとしている。

2月26日に実施したOREXの講演イベントでは、OREXの世界展開に向け世界的な製品やサービスの提供・サポート体制を整えるべく、NECと「OREX SAI」という新会社を設立したことを発表している
2月26日に実施したOREXの講演イベントでは、OREXの世界展開に向け世界的な製品やサービスの提供・サポート体制を整えるべく、NECと「OREX SAI」という新会社を設立したことを発表している

 そしてもう1つ、近いうちに実現する取り組みとしてアピールされていたのが、XRグラスだ。NTTグループでXR事業を手がけるNTTコノキューと、同社とシャープとの合弁会社であるNTTコノキューデバイスが開発しており、非常に軽量ながらクアルコム製のチップセット「AR2」を搭載するなど高い性能を持つ。カメラも搭載し、被写体の認識などもできるという。

NTTコノキューデバイスが開発しているXRグラスのプロトタイプも披露。軽量ながら高い性能を持ち、カメラも搭載される予定で、当初は法人向けに提供するという
NTTコノキューデバイスが開発しているXRグラスのプロトタイプも披露。軽量ながら高い性能を持ち、カメラも搭載される予定で、当初は法人向けに提供するという

 MWC Barcelona 2024で展示したのはプロトタイプということで、実際に触れることはできず、バッテリー容量など細かな部分に関しては現時点では公開できないとのこと。ただし、高い性能を生かしてコンピューターのモニターを現実空間に投影するだけでなく、カメラを活用したバーチャル会議など、より高度なARサービスやソリューションを実現できるとしている。

側面から見たところ。バッテリーはつるの部分に搭載されるというが容量や持続時間などは現時点では非公開とのこと
側面から見たところ。バッテリーはつるの部分に搭載されるというが容量や持続時間などは現時点では非公開とのこと

 なお、このXRグラスは2024年内の提供を目指しており、当初は法人向けに提供されるとのこと。一般消費者向けの販売は、現時点では未定とのことだ。

井伊社長とKDDI高橋社長がツーショット会見--理由は

 ドコモのブースでは、会期2日目となる2月27日にサプライズイベントがあった。それはNTTドコモの代表取締役社長である井伊基之氏と、KDDIの代表取締役社長である高橋誠氏が一緒に現れ、メディア向けに囲み取材を実施したことだ。

ドコモの井伊社長と、KDDIの高橋社長の2人が並んで囲み取材に応じる一幕も。NTT法を巡り対立関係にある中で異例の出来事となった
ドコモの井伊社長と、KDDIの高橋社長の2人が並んで囲み取材に応じる一幕も。NTT法を巡り対立関係にある中で異例の出来事となった

 ドコモとKDDIは競争相手であるというだけでなく、最近ではNTT法の見直しを巡り、NTTグループとKDDIら競合他社との対立が激しい状況にある。にもかかわらずなぜ、両社長が並んで登場するに至ったのかというと、そこにはMWC BarcelonaにKDDIが出展した経緯が大きく影響しているようだ。

 というのも、2023年のMWC Barcelonaで高橋氏に会った井伊氏は、通信事業における日本のプレゼンスを上げるため、ぜひ一緒に出展して日本企業の存在感を打ち出してほしいと打診。それが2024年のKDDI出展につながったという。

 MWC Barcelonaでは中国や韓国などの企業ブースが非常に目立つ中にあって、日本企業は撤退やブースの規模縮小が相次ぎプレゼンスが大きく低下していることから、携帯大手2社の出展により日本のプレゼンスを上げていきたい狙いがあるようだ。

 そうしたことから、両社のブースは共に近い場所に存在しているだけでなく、互いのブースで配布している畳のコースターを並べると絵柄が揃うなど、相互送客でも協力を実施している。ちなみに互いの展示内容に関して、井伊氏はKDDIの出展内容がすぐ海外展開できるものだと評価する一方、高橋氏はブースの集客力に驚きを見せるなど、やはり高く評価している様子だった。

両氏が手にしているのが、各社のブースで配布している畳のコースター。並べると1つの絵柄となり日本らしさをアピールしている
両氏が手にしているのが、各社のブースで配布している畳のコースター。並べると1つの絵柄となり日本らしさをアピールしている

 一方、国内の携帯電話会社としては、楽天モバイルの親会社となる楽天グループも出展している。楽天グループのブースは2社と離れた位置にあり、連携していない。ただし、高橋氏が三木谷氏とMWC Barcelona会場で話をしたことを明らかにするなど、楽天グループと何らかのコミュニケーションはしている様子だ。井伊氏は、楽天グループ側の戦略にもよると断りを入れながらも、両社が力を入れているオープンRANの取り組みで今後何らかの協力をしていく可能性を示唆した。

報道発表資料

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]