Eve、「Matter over Thread」対応のスマートコンセントを発表

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2023年12月19日 11時14分

 ドイツのEve Systemsが、スマートホーム規格の「Matter」に対応した新製品を発表した。その1つが、世界初のMatter対応スマートコンセント「Eve Energy Outlet」だ。価格49.95ドル(約7120円)のスマートコンセントは、標準的な2口壁付コンセントの代替となるもので、2024年2月6日に発売予定だ。

提供:Eve Systems
提供:Eve Systems

 同社によれば、接続方式に(「Matter over Wi-Fi」ではなく)「Matter over Thread」を使用するこの製品は、別々に制御できる2つの差し込み口を備え、「iPhone」「iPad」向け「Eve」アプリ、またはサムスンの「SmartThings」アプリのユーザーに高度なエネルギーモニタリング機能を提供する。

 人々が家にこもり、さまざまな家電製品に頼る機会が増える冬の時期には、このような製品がとりわけ役に立つ。消費電力をモニタリングできるため、電気代をいくらか調節することが可能だ。

 同社はまた、標準的な照明スイッチに代わるMatter対応のスマートスイッチ「Eve Light Switch」も発表した。この製品を使えば、アプリや音声アシスタントを通じて、照明をより簡単にコントロールできる。発売予定は2024年第2四半期で、価格は同じく49.95ドルだ。参考までに、一般的なスマート照明スイッチは20ドル(約2850円)前後で販売されている。

 Matterは新しいスマートホーム接続規格で、使用するオートメーションシステムの種類にかかわらず、スマートホームデバイスを制御できるユニバーサルな互換性を提供する。ユーザーの環境によっては対応するハブが必要になるが、「Google Nest Hub」、サムスンの「SmartThings Station」、Appleの「HomePod」など、人気の高いスマートホームハブの多くはMatterコントローラーとして機能する。

Eve Systemsのプレスリリース

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]