八丈島で「温泉で顔パス」の実証事業--3カ月間入り放題、スマートアイランド化を推進

 みずほ銀行、みずほリサーチ&テクノロジーズ、東京都八丈町、パナソニック コネクトは12月4日、町営温泉施設2カ所で顔認証システムを活用した「温泉で顔パス」の実証事業を開始すると発表した。

 島民がデジタル技術を体感することで、島内のDX機運を高める。

キャプション

 温泉で顔パスは、事前に顔画像などの登録、支払いをすることで、町営温泉施設を顔認証、手ぶらで利用できるという実証実験。八丈島のスマートアイランド化、サステナブル・アイランド化推進の一環で、東京都の「東京宝島 サステナブル・アイランド創造事業」の枠組みを活用する。行政業務の効率化と、島民の生活利便性向上を図る。

 実証期間中は顔パスで温泉に入り放題となる。また、顔認証には、パナソニック コネクトの顔認証クラウドサービス「KPAS クラウド」を利用する。

 期間は、12月1日から2024年2月29日までの3カ月間で、対象施設は町営温泉「樫立温泉 ふれあいの湯」と「中之郷温泉 やすらぎの湯」の2カ所。

 料金は小学生および島内在住の70歳以上は1000円、そのほかは3000円。10回相当分となり、3カ月間顔パスで温泉に入り放題になる。

11月13~15日に実施した、顔パス登録会の様子
11月13~15日に実施した、顔パス登録会の様子
プレスリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]