TOPPAN、地震・津波・風水害を没入感あるコンテンツで疑似体験できる「災害体験VR」

 TOPPANホールディングス(旧凸版印刷)のグループ企業のTOPPANは、各種自然災害を仮想現実(VR)で疑似体験できるシステム「災害体験VR」を発売した。再生コンテンツ導入済みVRゴーグルの形態で提供する。価格(税別)は19万8000円。

 災害体験VRは、自然災害のVR映像をヘッドマウントディスプレイ(HMD)で見ることのできるオールインワンパッケージ。自然災害を没入感のあるコンテンツで疑似体験できるため、防災意識の向上につながるとした。

 全国各地で使えるよう、地域を特定しない汎用の災害VRコンテンツを制作。VRゴーグル単体で利用可能なシステムとし、PC接続のような準備や設定を行うことなく簡単に使えるという。

VRゴーグル単体で利用可能(出典:TOPPAN)
VRゴーグル単体で利用可能(出典:TOPPAN)

 体験できる災害は、地震と津波、風水害の3種類。いずれも映像と効果音のみで構成されているため、母国語が日本語でない人も体験できる。

地震と津波、風水害を疑似体験(出典:TOPPAN)
地震と津波、風水害を疑似体験(出典:TOPPAN)

 TOPPANは、自治体や企業、教育機関で行う防災教育、地域で開催する防災イベント、防災体験施設のサービスなどでの利用を想定している。2024年度の売上高は5億円を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]