アップル出身者が創業したHumane、手のひらに投影できるデバイス「Ai Pin」を発表

June Wan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部2023年11月10日 08時19分

UPDATE Apple出身者らが創業した新興企業Humaneは米国時間11月9日、同社初の消費者向け製品「Ai Pin」を発表した。

Ai Pin
提供:Humane

 基本的にAi Pinはウェアラブルなプロジェクターであり、超広角RGBカメラで写真を撮ったり、テキストメッセージや電子メールを送ったり、「ChatGPT」に似た機能によって質問に答えたりできる。Humaneには、OpenAIの最高経営責任者(CEO)であるSam Altman氏やMicrosoftなどが出資している。Ai PinはOpenAIとMicrosoftのAIモデルで動作する。

 ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなど、他のウェアラブルと同じく、Ai Pinはカジュアルで日常的なアクセサリーとなることを想定したものだ。しかし、コンパクトな姿から想像されるほど軽量ではない。シャツに留めておくにはマグネット式のバッテリーパックが必要で、重さは合わせて約55gだ。

Ai Pin
提供:Humane

 共同創業者の1人であるImran Chaudhri氏はWiredに対し、特にペースメーカーを使用している人は、磁気干渉の可能性について医師に相談するべきだと語っている。Wiredのインタビューで同氏は、自転車やランニング、ジャンプなど、Ai Pinを装着したまま1日を過ごすことができたとも語った。Ai Pinは、さまざまな路面で1.5mの高さからの落下にも耐えたという。

 Ai Pinを物理的にタップすると、手のひらに「Laser Ink Display」が投影される。手を前後に傾けたりすることで、「Cosmos」というOSを操作できる。人差し指と親指でピンチジェスチャーをすると、投影されたディスプレイに表示するものを選択できる。拳を閉じるとホーム画面に戻る。

ピンチジェスチャーの様子
提供:Humane

 4月のTED Talkで、Chaudhri氏はAi Pinが着信時に発信者の電話番号を表示したり、1日分のメールを要約したり、食品とその栄養価を特定したりといった気の利いた機能をデモした。新しいデモでは、「私がここにいる間に見に行くようにと、Avaがメッセージで伝えてきた展示会は何?」といった、より状況に基づいた質問をAi Pinに投げかける様子を紹介している。

 Ai Pinの中核となる体験は、日常的にユーザーを支援する複数のAIツールを中心に展開する。プロンプトが与えられると、Ai Pinはニーズに応えるために最も関連性の高いAIツールを引き出す。これは、われわれが従来、スマートフォンで適切なアプリを手動で探し、ダウンロードし、そして何よりも先にその機能を学ばなければならなかったのとは対照的だ。

 Ai Pinは「personic speaker」というスピーカーを搭載しており、状況に応じて音量を調整するという。また、Bluetoothでヘッドホンに接続できる。前面の「Trust Light」は、いずれかのセンサーがアクティブになると光る。

ウェブポータルの画面
直近の質問や健康関連の状況、通話ログ、撮影した写真などに、ウェブポータルからアクセスできる
提供:Humane

 Ai Pinは699ドル(約10万6000円)からで、3色のカラーオプション(ブラック、ブラックにシルバーのエッジ、ホワイトにシルバーのエッジ)があり、11月16日に米国で注文受付を開始する。ネットワーク接続のために月額24ドル(約3600円)の「Humane Subscription」が必要で、これにはクラウドストレージやHumaneのAIサービスへのアクセスも含まれる。

Humaneのプレスリリース
Ai Pin

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]