レアアースフリー磁石の開発企業Niron Magnetics、約50億円を調達--GMやStellantisが出資

 レアアースを必要としない永久磁石の開発に取り組んでいるNiron Magneticsは、新たに3300万ドル(約49億8100万円)の資金を調達した。この出資には、General Motors(GM)の投資ファンドGM Ventures、Stellantisの投資ファンドStellantis Ventures、ミネソタ大学などが参加している。

 電気自動車(EV)は、カーオーディオや燃料ポンプ、エアコンなどさまざまな機器に永久磁石を内蔵しているが、特に駆動モーター内の磁石は重要だ。モーター用の強力な磁石には、テルビウムやジスプロシウム、プラセオジム、ネオジムなどの、輸入に頼っている高価なレアアース(希土類元素)と呼ばれる素材が使われる。

 Niron Magneticsは、豊富に存在していて安価な窒化鉄を材料とする、レアアースが不要な永久磁石「Clean Earth Magnet」を開発。このレアアースフリー磁石は、EV用モーターに使用可能な性能を備えるという。さらに、現在EVに使われている磁石よりも、温度変化の影響を受けにくいそうだ。

レアアースを使わないClean Earth Magnet(出典:GM)
レアアースを使わないClean Earth Magnet(出典:GM)

 GMは、Niron Magneticsに出資したほか戦略的提携を結び、Clean Earth Magnetを使ったEV用モーターの共同開発に取り組む。このモーターは、将来のGM製EVに搭載する予定。この取り組みを通じ、北米におけるEV製造サプライチェーンの安定強化を図る。

 Niron Magneticsに対しては、Volvo Carsのベンチャーキャピタル部門、Volvo Cars Tech Fundも出資している。

Clean Earth Magnetの紹介ビデオ(出典:Niron Magnetics/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]