スバル、「空飛ぶクルマ」のコンセプトモデル発表--「自動車」「航空宇宙」の技術を結集

 SUBARUは10月25日、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、コンセプトモデル「SUBARU AIR MOBILITY Concept」を発表した。

SUBARU AIR MOBILITY Concept
SUBARU AIR MOBILITY Concept

 このモデルは、いわゆる「空飛ぶクルマ」に数えられるものだ。SUBARU 代表取締役社長の大崎篤氏は、「電動化や自動化技術が進化し、航空機の世界でも『空の移動革命』を実現する新たなエアモビリティへの期待が高まっている中、SUBARUが目指す、より自由な移動の未来を示したモデル」と説明する。

コンセプトモデルの前に立つ、SUBARU 代表取締役社長の大崎篤氏
コンセプトモデルの前に立つ、SUBARU 代表取締役社長の大崎篤氏

 機体にはバッテリーを搭載し、モーターで飛行する。現在は実証実験を進めている段階で、具体的なスペックは定めていないが、人が乗れる機体規模となる。機体の実用化時期については「まだもう少し時間が掛かる」(大崎氏)というが、実証実験での飛行自体は成功している。

バッテリーを搭載し、モーターを用いて飛行する
バッテリーを搭載し、モーターを用いて飛行する

 戦前に「中島航空機」として設立されたSUBARUは、自動車事業のほか、現在も航空・宇宙事業を展開。旅客機やヘリコプター、防衛省向け航空機の機体、部品製造を手がけている。本モデルは、同社が手がける両事業の得意分野を活かしたものとなる。

 大崎氏は、「自動車事業と航空・宇宙事業のコラボはこれまでにも挑戦してきたが、このエアモビリティという世界でチャンスがやってきた」と説明。バッテリーEVで培ったモーターやバッテリーの制御、機体設計やカーボンファイバーの活用による軽量化など、双方の技術を結集したものだと語る。

 また、8月に同社が発表した新体制について問われた大崎氏は、「少しずつだが、社内で『やってやろうぜ』『世界最先端を狙おうぜ』という機運が高まってきた。全体的にはまだ浸透している最中だが、かなりいい形で動き始めている」と、同社の今後の展開にも期待を持たせた。

 同社はこのほか、バッテリーEV「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」を発表。ブースには、同日正式発表となった新型SUV「レヴォーグ レイバック」や、既存のバッテリーEV「ソルテラ」の改良モデルなどを展示した。

「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」(手前)と「SUBARU AIR MOBILITY Concept」(奥)
「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」(手前)と「SUBARU AIR MOBILITY Concept」(奥)
新型SUV「レヴォーグ レイバック」
新型SUV「レヴォーグ レイバック」
バッテリーEV「ソルテラ」改良モデル
バッテリーEV「ソルテラ」改良モデル

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]