「cluster」で採用活動などに利用できるメタバース空間のレンタルサービス

 メタバースプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターは10月13日、カケハシ スカイソリューションズと、業界初のメタバース空間のシェアリングサービスを開始したと発表した。


 カケハシ スカイソリューションズが提供する学生向け謎解きゲームやグループワークのノウハウを、同社のバーチャル空間の技術開発力とイベント運営の知見を融合させた、新しい空間レンタルサービス。


 同社によると、採用難易度が高まる昨今、特に新卒採用においては2024年度の求人倍率が1,71倍となり、2025年度は更なる上昇が予測されているという。


 また、あらゆる施策について、さまざまな企業が実施することによる採用施策の飽和状態、学生のオンライン就活に対する慣れ、売り手市場となっている現状の理解の広がりなどが重なり、結果として費用対効果が下がり、満足のいく採用成果に繋がらない企業が増加している。


 こうした、採用難易度の高い市況において、新たな採用手法を模索しはじめる企業が増えており、「メタバース採用」が注目を集めているという。そこで同社では、採用活動に利用できるメタバース空間のレンタルサービスを開始したという。


 メタバース空間を活用することで、場所の制約を受けず、どのような場所でもイベントが開催可能。さらに、メタバース上でグループディスカッションが行える仕掛けも用意する。


 加えて、企業の採用支援・研修支援・離職防止支援を行うカケハシ スカイソリューションズの協力により、採用イベント用の謎解きゲームをビルトイン。


 身体性を伴った体験により、知識の定着率が高く、企業理解の促進が期待できるほか、没入感が高く、対面に近いコミュニケーションが可能だという。


 同サービスは、インターンシップや説明会の会場としての利用だけでなく、オープンカンパニー、社内イベント、選考、入社式、内定式、内定者フォローなどでも活用できるとしている。


クラスター(コーポレートサイト)
カケハシ スカイソリューションズ(コーポレートサイト)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]