日本郵政ら、「郵便局アプリ」開始--「いつでもどこでも」利用できる郵便局へ

 日本郵政と日本郵便は10月12日、グループの新たなプラットフォームアプリとして「郵便局アプリ」のサービス提供を開始すると発表した。「Android」「iOS」で利用できる。

 「リアル」と「デジタル」をシームレスにつなぐデジタル上の新たな顧客接点として、「いつでも」「どこでも」利用できる郵便局サービスを目指すという。

キャプション

 郵便局アプリの初期リリースでは、郵便局のサービスのうち利用頻度が高い「送る、受け取る」という郵便・物流を中心としたサービスを提供する。

 現在「日本郵便アプリ」や「ゆうパックスマホ割アプリ」で提供する送り状作成機能や、郵便局・ATMの検索などができる。また、「郵便ポスト」の場所、郵便物などの取り集め時刻・投函口のサイズなどが検索できる機能を初めて搭載するという。

キャプション

 そのほか、新宿北郵便局、大手町郵便局など全国34の郵便局で、窓口の混雑状況をアプリから確認したり、順番待ちの整理券の発行に対応。実施局は順次拡大するとしている。

主な機能
主な機能

 郵便局アプリは、日本郵政グループの中期経営計画「JPビジョン 2025」で掲げる「グループ一体でのDXの推進」の取組みの1つになるという。

 今後は、日本郵政グループ各社の主要サービスをワンストップで提供すべく、ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険のウェブ、アプリサービスとも連携し、段階的に機能追加、サービスを拡充する。

 リアルの郵便局ネットワークとデジタルを融合し、幅広い世代・地域の顧客へ新しい価値を提供していくとしている。

プレスリリース
郵便局アプリ
全国34の郵便局

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]