「iPhone 13 mini」販売終了--Apple最後のコンパクトハイエンド

 アップルは9月13日、新型スマートフォン「iPhone 15」シリーズの発表に合わせ、直販サイトで「iPhone 13 mini」の取り扱いを終了した。

iPhone 13 mini
iPhone 13 mini

 「mini」シリーズは、2020年に「iPhone 12 mini」として初登場。その翌年には「iPhone 13 mini」も発売されたが、2022年の「iPhone 14」シリーズではラインナップから消滅。今回のiPhone 15シリーズでも登場しなかった。そして、iPhone 13 miniの販売が終了したことで、ラインナップから完全に消滅することになった。

 背景には販売不振がある。iPhone 12 miniは発売後に販売不振が度々報じられていた。iPhone 13 miniに至っては正式発表前から、「Appleにとってこれが最後のハイエンドコンパクトになる」とも噂されていた。

 Appleの小型スマートフォンの選択肢としては、iPhone 13 miniと同じくA15 Bionicチップを搭載する「iPhone SE」(第3世代)が残っている。しかし、全画面の有機ELディスプレイや、デュアルカメラを搭載するiPhone 13 miniに比べると機能は抑えられており、製品の方向性は大きく異なる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]