愛・地球博記念公園で「ネコバス」運行--愛知県らが合意書締結、2023年度内開始目指す

 MONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)は9月11日、スタジオジブリの作品に登場するキャラクター「ネコバス」をイメージした車両となる「APMネコバス」を、「愛・地球博記念公園」で2023年度内に運行すると発表した。

 運行開始の時期やルートなどの詳細については、決まり次第発表する。公園内の移動をより楽しく、快適にし、公園全体の魅力向上を目指す。


 MONET Technologiesとトヨタ自動車、豊栄交通、スタジオジブリ、愛知県の5者は同日、APMネコバスの運行に関する基本合意書を締結。APMネコバスに乗って移動するという愛・地球博記念公園内でしかできない体験の実現に向けて、運行に関する企画・検討を推進し、準備を本格化する。

 APMネコバスは、トヨタ自動車が開発した電動低速モビリティ「APM」(Accessible People Mover)がベースとなる。定員6人、短距離・低速型のEVで、1列目が運転席、2列目が3人掛け、3列目が2人掛けとなる。高さ約2.0m×幅1.6m×全長3.9mで、最高速度は時速19km。

 


 MONET Technologiesは、APMネコバスの運営の主体として、豊栄交通とともに運行する。また、車両の製作、賃貸、運行に伴う保守点検などをトヨタが担当する。スタジオジブリは、APMネコバスの製作における意匠の提供および、監修を行う。愛知県は、愛・地球博記念公園の環境調整、行政上の許認可手続きを担当する。

キャプション
各者の役割
プレスリリース
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]