「iOS 16.6.1」配信開始、今すぐダウンロードして「iPhone」に適用を

Zachary McAuliffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年09月08日 06時48分

 Appleは米国時間9月7日、「iOS 16.6.1」をリリースした。「Wonderlust」イベント開催までわずか数日というタイミングだ。このイベントの数日後にリリースされる可能性のある「iOS 17」まで待つユーザーもいるかもしれないが、積極的に悪用されている可能性があるという問題から身を守るために、今すぐ「iPhone」をアップデートすることを強く推奨する。

iOS 16のロゴ
提供:Nelson Aguilar/CNET

 同アップデートをダウンロードするには、「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」で「今すぐインストール」をタップし、画面上の指示に従う。

 Appleによると、このiOSアップデートでは、積極的に悪用された可能性がある2つの問題が修正されている。

 1つは、「Image I/O」の問題だ。Image I/Oは、アプリによる画像フォーマットの読み書きを可能にするフレームワーク。Appleによると、悪意を持って作成されたファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性があるという。ITサービス企業Oktaによると、これは第三者がデータを盗んだり、その他の悪質な目的のために端末をハッキングしたりする可能性があることを意味するという。

 2つ目は「ウォレット」アプリの問題だ。Appleによると、こちらも悪意を持って作成された添付ファイルを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。

iOS 16.6.1のアップデート内容
提供:Zach McAuliffe/CNET
iOS 16.6.1

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]