メルカリ売上金で支払えるクレカ「メルカード」、発行枚数が150万突破

 メルペイは9月7日、クレジットカード「メルカード」の発行枚数が150万枚を突破したと発表した。

 同カードは、フリマサービス「メルカリ」の売上金を支払いに充てることが可能。さらに、一般的なクレジットカードは一回払いでも支払いは翌月となるが、メルカードでは使った当月に精算する「まえもって支払う」機能も搭載している。

 あわせて発表された利用実態調査によると、メルカードおよびメルペイスマート払いのおよそ3人に1人が売上金を支払いに利用しており、またメルカード利用者の82.7%がメルカリでの出品経験があり、非利用者と比べて21.5ポイント高かったという。加えて、さらにZ世代の利用者は、他世代より「まえもって支払う」機能の利用が多かったという。

キャプション
キャプション
キャプション
キャプション

 メルカードは2022年11月8日に提供を開始。2022年12月1日からは全ての希望者に申し込みが開放され、提供開始から9カ月で150万枚を突破した格好だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]