ドコモ、「goo地図」を終了へ--9月27日まで

 NTTドコモは8月17日、地図サービス「goo地図」を9月27日に終了すると発表した。

 終了について、「長年にわたり『goo地図』をご愛顧いただきましたお客様に、心より感謝申し上げるとともに、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。」とコメントしている。

キャプション

 goo地図は、エヌ・ティ・ティレゾナント(7月1日にNTTドコモと合併)が運営する地図情報の総合サイト。

 2020年には、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、テイクアウト・デリバリーに対応した飲食店情報、ウェブ予約対応の病院情報などの情報を提供。2020年10月には、東京都の「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示している店舗・施設情報に対応していた。また、2020年12月1日には、東京都と「施設系混雑ワーキンググループに係る包括連携協定」を締結。「施設系混雑ワーキンググループ」の第1号事例となっていた。

 NTTドコモは5月25日、完全子会社であるエヌ・ティ・ティレゾナントの吸収合併を発表。当初は、合併後もOCN、gooをはじめとするエヌ・ティ・ティレゾナントの個人向けおよび、企業向けのサービス・ソリューションについては、継続して提供するとしていた。

「goo地図」イメージ
「goo地図」イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]