GM、「Ultium」バッテリー搭載EVの全モデルでV2Hを可能に--「Ultium Home」対応で

 General Motors(GM)は、電気自動車(EV)から家庭などへ給電するV2H機能を、同社の「Ultium(アルティウム)」バッテリー採用モデルすべてに搭載すると発表した。2024年モデルから順次対応を進め、2026年までに全モデルを対応させる予定。

GM製EVをV2H対応へ(出典:GM)
GM製EVをV2H対応へ(出典:GM)

 GMは100%子会社のGM Energyを通じ、家庭向け総合電力管理ソリューション「Ultium Home」を事業展開する計画。GMのUltiumバッテリー搭載EVオーナーは、Ultium Home製品を導入することで、EVの充電はもちろん、EVから家庭へ給電できるようになる。

 V2Hへの対応は、まず「Chevrolet Silverado EV RST」の2024年モデルから始め、「GMC Sierra EV Denali Edition 1」「Chevrolet Blazer EV」「Chevrolet Equinox EV」「Cadillac LYRIQ」の各2024年モデル、発表したばかりの「Cadillac ESCALADE IQ」へと増やしていく。

 これにより、昼間は太陽光発電の電力でEVに充電したり、逆に夜間はEVから家庭に給電したりすることで、ピークシフトが可能になる。停電時も、EVから電力が得られる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]