東京メトロ、VisaとJCBのタッチ決済などを活用した実証実験--2024年度中に開始へ

 東京地下鉄(東京メトロ)は8月7日、三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、ジェーシービー(JCB)、QUADRACとクレジットカードのタッチ決済及び、QRコードを活用した乗車サービスの実証実験を開始すると発表した。

 2024年度中に東京メトロ線内を対象に、三井住友カードの公共交通向けソリューション「stera transit」を用いて実施する。

キャプション

 実証実験では、東京メトロ線の企画乗車券を乗車券販売サイトで事前購入し、タッチ決済対応のカード(クレジット・デビット・プリペイド)やスマートフォン、スマートフォンに表示されたQRコードを自動改札機にかざすことで、乗車できるようになる予定。詳細は、実験開始時に改めて発表するという。

 同社は、企業や研究機関などと連携した新技術の開発・導入やDXの推進により、持続的な企業価値の向上と将来にわたる安心の提供の実現を目指している。その中で、鉄道における“次世代乗車システムの促進”を検討しているという。

 今回の実験により、交通系ICカードを主軸としつつも、新たな乗車サービスを検証する。今後は、同実験の状況を踏まえ、クレジットカードなどを用いた後払いサービスの実施についても検討していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]