記名式「Suica」「PASMO」販売中止--8月2日から半導体不足の影響で、旅行者向け「PASMO PASSPORT」は継続

 JR東日本、PASMO協議会、東京モノレール、東京臨海高速鉄道の4者は7月31日、記名式「Suica」「PASMO」などのカードの発売を中止すると発表した。

 8月2日から当面の間、Suica、PASMO、「モノレールSuica」「りんかいSuica」といった記名式ICカードの販売を見合わせる。

キャプション

 4者は世界的な半導体不足の影響を受け、6月8日から無記名のSuica、PASMOの販売を一時中止している。

 カード製造メーカーと今後のカードの製造計画について協議を継続するも不透明な状況は続いているため、記名式ICカードの販売も中止する。今後の定期乗車券などの新規発売、紛失時などの再発行サービス継続に必要な在庫を確保するという。

 ただし、5月27日からSuicaのサービスエリアとして拡大した、青森、盛岡、秋田エリア内では、無記名及び記名式のSuicaカードを購入できる。

 また、短期間の訪日外国人旅行者向けICカード乗車券「WelcomeSuica」は、8月2日から販売所と枚数を制限する。成田空港駅、空港第2ビル駅、羽田空港第3ターミナル駅の駅たびコンシェルジュなどで1人1枚まで購入できる。

 短期間の訪日外国人旅行者向けICカード乗車券「PASMO PASSPORT」は、成田空港、羽田空港、首都圏の主要各駅での販売を継続する。また、6月8日に開始した発行手数料500円が無料となる期間限定キャンペーンも継続するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]