Anthropic、AIチャットボット「Claude 2」を一般公開

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2023年07月12日 09時38分

 人工知能(AI)の新興企業Anthropicが、OpenAIの「ChatGPT」やGoogleの「Bard」といったチャットボットの新たなライバルとなるAIチャットボットを一般公開した。同社は、米国時間7月11日付のブログ記事の中で、AIチャットボットの新バージョンである「Claude 2」は、前世代の「Claude」よりもパフォーマンスと安全性が向上し、より長い回答を生成できると述べた。

Claudeの画面
提供:Screenshot by CNET

 Claude 2は、同日からベータ版として一般公開されているが、これまでのバージョンは既に、SlackやZoomなどの企業の製品に組み込まれている。他の生成AIチャットボットと同様に、Claude 2は大規模言語モデルに基づいており、自然な言葉で質問や要望に応えることができる。Anthropicによると、Claude 2は、テキストの要約、文書の作成、コーディングなどのタスクの支援が可能だという。

 OpenAIのChatGPTが2022年終盤に登場して以来、IT企業各社によって大量の生成AIツールが一般ユーザーを対象に提供されている。最新チャットボットは、指示を与えることで、電子メールの返信、旅行日程、詩の作成などができるが、品質はチャットボットによってまちまちだ。これらのツールは、膨大な量の情報によってトレーニングされており、パターンを特定して、もっともらしく聞こえる回答を生成するようにプログラムされている。

 しかし、チャットボットは、誤った回答を返しがちで、時には存在しない情報源を示すこともある。これらのツールが急速に導入されたことで、偽情報の拡散や偏見の拡大といった潜在的な問題に対する懸念も生じている。

 Anthropicは、Claude 2が前世代よりも有害な出力を生成する確率が低いとしており、「基本的な安定性を高めるためにイテレーションしているため、Claude 2はより無害となり、不快または危険な出力の生成を促しにくくなっている」と述べている。

 同チャットボットは現在、米国と英国で公開ベータ版として提供されている。同社は、今後数カ月のうちにClaude 2を世界中で提供開始する計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]