ニトリと島忠、約300店舗にプラゴ製EV充電器--約750基、2023年夏から

 ニトリホールディングスとプラゴは6月30日、ニトリグループの店舗に実質100%再生可能エネルギーによる電気自動車(EV)用充電器を設置し、有料充電サービスの提供を開始すると発表した。

 2023年夏からニトリグループの店舗へ、プラゴのEV充電器を順次導入する。2024年末までに全国のニトリ、島忠の約300店舗に、約750基のEV充電器を導入する予定だ。


 ニトリグループはEVの普及にあわせて2015年から、店舗へのEV充電器を設置している。

 プラゴは、生活に密着した商業施設などへEV充電器の設置を進めつつ、充電に必要なエネルギーに伴う温室効果ガスの排出量削減を重視し、すべてのEV充電器に、再生可能エネルギー由来の「グリーン充電」の実装を進めている。加えて、プラゴの「Myプラゴ」アプリでは、空き状況の確認と予約ができるほか、アプリ登録をしなくてもその場で利用や支払いが可能。来店者の幅広いニーズに応えられるという。

 今回、ニトリグループの既設のEV充電器が耐用年数を迎えたことを機に、プラゴと提携。プラゴの充電サービスを活用することで、拠点数や台数の拡大に加え、Myプラゴによる利便性の向上、実質100%再生可能エネルギーによるエコな充電サービスの提供を実現できる。EV充電を求める利用者の更なる利便性の向上、環境負荷の低減を目指すとしている。

設置予定のEV充電器
設置予定のEV充電器

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]