ABEMAとKDDI、スポーツコンテンツ強化へパートナーシップ--独自番組制作など検討へ

 AbemaTVとKDDIは6月27日、スポーツコンテンツ強化にむけたパートナーシップを締結したと発表した。

キャプション

 スポーツ産業と文化の発展を目指し、両社共同でスポーツ関連コンテンツを調達、制作する。直近では、メジャーリーグベースボール(MLB)などの人気スポーツのハイライト映像、サッカー日本代表に関連した選手密着のオリジナル番組の共同制作などを検討しているという。

 また、AbemaTVが運営する「ABEMA」とKDDIの顧客データを、同意を取得して連携。セキュアかつプライバシーに配慮したデータ共有、活用を実現する、Snowflakeの「データクリーンルーム」を国内で初めて活用し、マーケティングを強化する。さまざまなスポーツコンテンツの中から、利用者の趣味趣向にあったコンテンツのレコメンドが可能になるとしている。

連携イメージ
連携イメージ

 そのほか、スポーツにおける新しい出会いを創出、多くの人々へ魅力を広めるべく、さまざまな取り組みを展開予定。決定次第順次発表する予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]