「KKBOX」のKKCompany Japan、法人向け動画配信PF「BlendVision One」を展開

 KKCompany Technologiesの日本法人であるKKCompany Japan合同会社は、オールインワン・パッケージ型の動画共有・配信プラットフォーム「BlendVision One」をグローバルでローンチ。日本国内においても販売、サービス提供を6月21日から開始した。

 KKCompany Technologiesは、アジア太平洋圏に事業拠点を持つグローバルメディア&テクノロジー企業グループ。KKCompany Japanでは、国内向けに音楽配信サービス「KKBOX」のほか、法人向けマルチメディア事業を展開している。

KKCompanyについて
KKCompanyについて

 BlendVision Oneは、法人向けの月額課金型のクラウドSaaSプラットフォーム。同社では、これまでにテレビ朝日公式コンテンツサイト「TELASA」を始めとして、コンテンツ動画配信サービス事業者(OTT事業者)に向けて、動画配信ソリューションを開発・提供している。この大規模配信技術や、クラウド・AI技術を活用した動画配信ソリューションを、一般企業や官公庁などがより簡単かつ安全に、コンテンツを社内・社外に配信できるよう再設計した動画共有・配信プラットフォームとしている。

 BlendVision Oneの特徴として、「動画共有・配信に必要な機能が含まれたオールインワン・パッケージ」「動画配信専門家でなくても簡単にかつ直感的に操作できるUI/UX 設計」「ユーザーの配信規模、ニーズに合わせた4つの料金プラン」「業界最高クラスの3秒以内の超低遅延ライブ配信」「AIにより高画質を維持したまま画像を圧縮、配信帯域幅やストレージコストの節約」「デジタル著作権管理(DRM)をはじめとした高度なコンテンツ保護機能」を挙げる。

BlendVision Oneの機能、特徴
BlendVision Oneの機能、特徴
BlendVision Oneの動画アップロード画面
BlendVision Oneの動画アップロード画面

 サービスの背景として、一般消費者の動画視聴の高まりにより、ビジネスにおいても動画を使った社内・社外でのコミュニケーションのニーズは年々高まっており、企業が動画を活用する場合、既存のウェブ会議システムや一般消費者向けの動画共有サービスなどを利用して、動画を配信するような状況も増えていることを挙げる。一方で、画質、大規模配信時の安定性、また社外秘情報や限られた視聴者のみへの配信、コンテンツ保護が求められるような秘匿性の高い配信を行う上で、それらのウェブ会議システムや動画共有サービスでは課題があることを指摘。それを踏まえて、企業が求めるセキュリティ性、機能、使いやすさをオールインワン・パッケージで提供するBlendVision Oneを開発したという。

BlendVision One提供の背景
BlendVision One提供の背景
想定される活用シーン
想定される活用シーン

 サービス提供開始にあわせて、サテライトオフィスならびに、USEN ICT Solutions(USEN-NEXT GROUP) の2社と再販パートナー契約を締結。積極的な拡販を行っていく。加えて、アマゾンウェブサービス(AWS) ISV Accelerateプログラムに参加。この共同販売プログラムを通じて、新しいビジネスの推進と販売サイクルを迅速化していくという。

 料金プランは前述のように4つ用意されており、「ライトプラン」は月額5万円、「ベーシックプラン」は月額10万円、「プラスプラン」は月額20万円。大規模イベントや個別のカスタマイズ対応は「エンタープライズプラン」として都度対応を行う。初期導入費用は無料としており、全てのプランで全機能が使用可能としている。

料金プラン
料金プラン

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]