英会話コーチングの「Gabby」、AI発音評価機能を搭載した新サービス

 英会話コーチングサービス「Gabby」を提供するギャビーアカデミーは6月14日、「脳科学的言語トレーニング法」(Neuro-Language Training:NLT)の基本カリキュラムを用いた新サービスの提供を開始したと発表した。Gabbyの基本サービスとして利用できる。

キャプション

 新サービスでは、AIスピーキングテストの結果に応じ、一人一人の課題に沿って、学習内容をカスタマイズして提案できる。毎日1回、AIによる発音評価が受けられるため、自身で容易に振り返ることが可能。毎日の自主学習の成果も自動で記録し、成長を実感しやすくなったとしている。

 NLTは、東京大学 大学院総合研究科教授を務める酒井邦嘉氏との共同研究を経て3月に開発したもの。「文生成力」「即応能力」「音韻能力」の3つのトレーニング構成で、メソッドに沿って段階的に難易度を上げながら練習することで脳の言語野を鍛え、英語を話す、聞き取れる力が習得できるとしている。


 なお、同氏によると、この普遍⽂法に基づく⽂⽣成のトレーニングは海外でも実施例がないものになるという。


 色・イメージ・リズム・動作を活用して正しい英語母音と英語独特のストレス・リズム・抑揚を習得する「Color Vowel アプローチ」を活用して自社開発した動画教材も提供する。AIスピーキングテストの結果により、受講生個人が持つ発音の課題にあわせ、毎日のトレーニングメニューの一部として提案するという。


 さらに、英語スピーキング評価AI「CHIVOX」の発音評価機能を導入。利用者がセルフ・トレーニング中、客観的なスピーキング評価を繰り返し受けられる環境を提供していく。


 同社は、2020年に設立以来、言語脳科学・脳計測科学を専門とする東京大学 大学院総合研究科の酒井邦嘉氏と共同研究を実施している。

 また、7⽉31⽇までの期間限定で、受講期間を1カ月間無料で延長するキャンペーンを実施する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]