スマホが運転免許証に、「極力早期に実現」と政府--24年度のマイナカード一体化以降に

 政府は6月6日に開催した「第4回デジタル社会推進会議」において、スマートフォンが運転免許証になる「モバイル運転免許証」の実現について言及した。

 政府は、運転免許証とマイナンバーカードを2024年後半以降に一体化させる方針を示している。今回公開された工程表によると、両カードの一体化以降、モバイル運転免許証の運用を極力早期に開始するとした。

 なお、運転免許証とマイナンバーカードの一体化にあたっては現在、警察の運転者管理システムの移行、一体化に必要なシステム改修、および下位法令の制定等をデジタル庁と警察庁が共同で進めているという。

マイナンバーカード機能拡充に向けた工程表
マイナンバーカードの機能拡充に向けた工程表

 政府は、2024年4月を目標に健康保険証のスマートフォン搭載を実現させる方針も示している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]