OpenAI、AIモデルの「幻覚」を軽減する手法を報告

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2023年06月02日 12時05分

 人工知能(AI)モデルは進化しており、驚くようなこともできるようになった。しかし、それでもミスをしたり誤った答えを出したりすることがあり、これは「ハルシネーション」(幻覚:AIが事実と異なる情報を勝手に作り出してしまう現象)と呼ばれる。

ChaGPTのロゴとノートPCに入力する手
提供:Userba011d64_201/Getty Images

 OpenAIの「ChatGPT」やGoogleの「Bard」といった主要なAIチャットボットはいずれも、こうしたハルシネーションを起こしやすい。OpenAIとGoogleはどちらも、自社のチャットボットが誤った情報を生成する可能性があると明言までしている。

 OpenAIは新たな研究論文に関する投稿記事の中で、AIモデルをより論理的に動作させてハルシネーションを回避する方法を発見したかもしれないと述べている。

 同社は、複雑な数学の問題を解く能力を備えたモデルを「プロセス監視」で学習させた。プロセス監視とは、1つのステップごとにフィードバックを提供する手法だ。これに対し、「結果監視」は最終結果に基づいてフィードバックを提供する。

 研究論文によると、OpenAIがMATHデータセットを使って両方の手法をテストしたところ、プロセス監視が「有意に優れたパフォーマンス」につながることが分かったという。

MATH Testの結果
提供:Screenshot by Sabrina Ortiz/ZDNET

 「プロセス監視は、人が承認したプロセスに従うようモデルに促すことから、解釈可能な推論を生み出す可能性も高くなる」(OpenAI)

 OpenAIは数学以外の分野について、これらの結果がどの程度まで当てはまるかは不明としながらも、他の分野でもプロセス監視の影響を探ることが重要だと述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]