シャープ、AIが画質も音質も最適、快適視聴をサポート--新4K液晶テレビ発表

 シャープは6月1日、4K液晶テレビ「AQUOS」シリーズに、AIを用いて、コンテンツに適した画質と音質に自動で調整する機能を備えた「FN1/FN2/FL1」シリーズを発表した。100万以上の映像を学習しているという。発売は6月10日から順次。

「AQUOS FN1」
「AQUOS FN1」

 全機種にAIプロセッサーを採用した新画像処理エンジン「Medalist S4」を備え、映像モード「AIオート」は、人の顔や空などを検知し、検知結果と映画やドラマ、スポーツなど、番組のジャンルに合わせて、色彩、明暗、精細感を自動で調整。画質に加え、音質まで自動調整できることが特徴で、ニュースやドラマなどでは人の声を聞き取りやすく、スポーツでは臨場感を高めるような音質調整ができるとしている。

 FN1シリーズには、直下型LEDの分割駆動「アクティブLED駆動」を採用し、高コントラストを実現。FN1、FN2シリーズには、照明などの映り込みを抑える「N-Blackパネル」を搭載する。

 本体には、「環境センシング」機能も備え、周囲の明るさに応じて、画質を自動で調整。明るい部屋では、見えにくい暗部の階調レベルを上げ、輝度のダイナミックレンジを拡大させることで、視認性を高め、暗い部屋では、暗部階調をなめらかに調整し、質感を重視した自然な映像に仕上げる。

 ヘルスケア関連アプリ「AQUOSヘルスビューアー」を新搭載し、スマートウォッチや体重計、血圧計などの「Google Fit」対応機器と連携することで、各機器が測定した歩数や心拍数、体重、血圧や日々の変化をグラフでテレビ画面に表示。放送や動画配信アプリなどの視聴時間をグラフで示すアプリ「AQUOSスクリーンタイム」も備える。

 FN1シリーズには、本体にマイクを内蔵しているため、「OK Google」と言ってから話しかけることで、映画を探したり、音楽を再生したり、テレビを操作したりできる「ハンズフリー」操作に対応。声のみでテレビの電源オンも可能だ。

「AQUOS FN2」
「AQUOS FN2」
「AQUOS FL1」
「AQUOS FL1」

AQUOS FN1シリーズ

  • 4T-C75FN1(75V型、想定税込価格:38万5000円前後)
  • 4T-C65FN1(65V型、想定税込価格:28万6000円前後)
  • 4T-C55FN1(55V型、想定税込価格:25万3000円前後)

AQUOS FN2シリーズ

  • 4T-C55FN2(55V型、想定税込価格:20万9000円前後)
  • 4T-C50FN2(50V型、想定税込価格:18万7000円前後)
  • 4T-C43FN2(43V型、想定税込価格:17万6000円前後)

AQUOS FL1シリーズ

  • 4T-C65FL1(65V型、想定税込価格:19万8000円前後)
  • 4T-C50FL1(50V型、想定税込価格:13万8000円前後)
  • 4T-C42FL1(42V型、想定税込価格:12万1000円前後)
環境に配慮し、全機種のスタンドカバーに再生プラスチックを採用している
環境に配慮し、全機種のスタンドカバーに再生プラスチックを採用している

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]