NetEase Games、エンタメプロデュース「ピンクル」設立--元スクエニ市村龍太郎氏が代表に

 NetEase Gamesは、自社ゲーム部門のNetEase Gamesによる出資のもと、エンターテイメントプロデュース会社である「株式会社ピンクル」を設立したことを、5月29日付けで発表。代表取締役社長には、「ドラゴンクエスト」シリーズを手がけた元スクウェア・エニックスの市村龍太郎氏が就任する。

 ピンクルは、エンターテイメントプロデュース会社として、家庭用ゲーム機向けタイトルの開発を主軸に、ゲームの企画やプロデュース、エンターテイメント事業の展開やコンサルティングを行う。

 代表を務める市村氏は、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」、「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」などのゲームタイトルをはじめ、アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」、「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」における“ライブスペクタクルツアー(ライブエンターテイメント)”、“ドラゴンクエスト・ザ・リアル(ユニバーサルスタジオジャパン)”、“ドラゴンクエスト 竜王迷宮からの脱出(リアル脱出ゲーム)”、“ドラゴンクエスト ミュージアム(展示イベント)”など、エンターテインメント全般のプロデューサーを務めていた。

 また取締役には、エポック社で「ドラえもん」、オリエンタルランドで「ダッフィー」、スクウェア・エニックスで「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」などのブランディングやマーケティング、新規事業開発やオンラインビジネスの事業戦略などを務めてきた、小倉隆史氏が就任する。

 今後はエンターテイメントプロデュース会社として、家庭用ゲーム機向けタイトルの開発を主軸にしつつ、これまでの多彩な経験を生かし、さまざまなエンターテイメント領域においての企画やプロデュースを実践。世界中のユーザーに向けて良質なエンターテインメント体験を提供していく予定という。

ピンクル 代表取締役社長の市村龍太郎氏
ピンクル 代表取締役社長の市村龍太郎氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]